カテゴリー「音楽」の2510件の記事

2018/03/09

大津シンフォニックバンド第74回定期演奏会 のごあんない

こんばんは。

タイトルのおはなしです。
毎年二回のおたのしみ、
大津シンフォニックバンド第74回定期演奏会 のごあんないです。

詳細はこちら。
http://osb.jp/concert/

酒井格氏の委嘱作品、どんな感じなんでしょうね。
かわいい感じだといいなあと思います。
天野正道氏の「シネマ・シメリック」も楽しみです。

もう直前に迫っていますが、
次の日曜の21世紀の吹奏楽 第21回“響宴”にも出演されます。
関東圏(のみならず全国の方も!)の方はぜひどうぞ。
http://osb.jp/2018/02/972/

ということで、ごあんないでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吹奏楽の専攻ができるということ

こんばんは。

東京音楽大学で2019年度より
吹奏楽アカデミー専攻ができるそうです。

詳細はこちら。(PDFです)
http://www.tokyo-ondai.ac.jp/pdf/new_specialty/2018_wind_music.pdf
http://www.tokyo-ondai.ac.jp/pdf/new_specialty/ondai_chirashi_gazousasikae_0306.pdf

吹奏楽を体系的に学ぶ専攻ということで、
吹奏楽もここまで来たんだなあと感慨深く思いました。
教員の人選も非常に良いと思います。
視野の広い方が多くいらっしゃっていいですね。

単純に演奏のみを学ぶのではなく、
作曲や指導法も学べるということで、
将来、吹奏楽の指導をしたい、
吹奏楽にかかわる仕事がしたい、という方には非常に良いのではないかと思います。
私ももう少し若ければ・・・とも思いますが、
吹奏楽がここまでくるプロセスを多少なりとも関わりながら生きてきましたので、
それも楽しいなあと思います。

このブログができたのは2004年で、
そのころは「笑ってこらえて」の吹奏楽の旅が注目を浴び始めたころ、
そして、「題名のない音楽会」で吹奏楽特集が組まれて、
継続的に特集が組まれるようになったのは2005年ごろ。
バンド維新が始まったのが2008年です。
今の流れにつながる活動は10年以上前から始まり、
ようやくいろいろなところで実を結ぶようになったのが本当にうれしいです。

進路に書いてある「吹奏楽ライター」なりたかったなあと。
今でも少し思います。
今は少し離れてしまっていますが、
また深くかかわりたいとなったときに、
もう少し表に出てかかわれる立場になれるといいなとも思います。

あんまりまとまりのない文章になりましたが、
これからの吹奏楽の発展にとってよい方向性となるとよいな、と
そう思っています。

という、お話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/28

地方の強みを考える

こんばんは。

OSBの定期演奏会のご案内をいただきました。
公式サイトに曲目等掲載されましたら改めてご連絡差し上げます。

この冬もいろいろとありすぎてようやく落ち着いてきましたので、
息抜きに考えてみようと思います。

ということでタイトルのお話。
地方と都市部の格差が話題になる昨今。
地方だからこそある強みってあるのではないかと思うところがありますので、
自分の関心のある分野に関連していろいろ考えてみます。
とはいえ私は大都市圏(大阪・東京)にしか住んだことがないので、
あくまで都市部に住んでいる人の意見として読んでもらえると幸いです。

・ホール(コンサートホール)
 ネットのニュースか何かで、地方のいいホールがあるもののなかなか活用されないので、
 合宿等で使ってもらって良さをアピールしている、という記事を見ました。
 今、ソースを検索してみたのですが見つからず、うろ覚えで書いています。
 
 さて、地方のホールで都市部にはない良さって何があるでしょうか。
 私が思いつくのは、「土日休日でも空いている日が多い」ことです。
 都市部のホールの土日祝日は、予約受付開始早々に休日が埋まることが多いですが
 地方は比較的公演日に近くても空いていることがあります。
 私が今、一番関心があるのがドラゴンクエストのコンサートでして、
 昨年、30周年記念で爆発的に増えた公演数を引き継いで、
 今年も公演数がどんどん増えてます。すごいです。

 「土日祝日の公演」「地方のホール」という組み合わせといえば
 まず、東京佼成ウインドオーケストラの
 ドラゴンクエストウインドオーケストラコンサートを思い出します。
 http://kyodotokyo.com/dragonquest-wind
 現在予定されているコンサートのうち、
 文京シビックホール以外はすべて地方のホールなんですね。
 西日本ではオオサカシオンウインドオーケストラが公演を行っていて、
 こちらも関西だけでなく広島や山口でもコンサートを行っています。
 完売続出のため、公演後に同じホールで次の公演の予定が組まれるところがいくつもあります。
 コンサートの人気の高さがうかがえますね。

 先日、淡路島であったドラゴンクエストコンサートに私も行きました。
 地元の人や淡路島に実家がある感じの人たちが家族総出でコンサートに来ている姿も多くみられましたし、
 遠方から(コンサートでは北海道から、という声もありました)来られた人もいらっしゃったそうです。
 このコンサートは堀井雄二氏の名誉市民表彰記念コンサートでしたので、
 特別感の強いものではあるのですが、
 それでもドラゴンクエストコンサートのポテンシャルの高さは目を見張るものがあるなあと思います。

淡路島のコンサート時の堀井雄二氏のツイート。ホール写真を拡大すると私と友人もおります。



 地方に来てもらうには、行きたいと思わせるだけのポテンシャルを秘めた公演を開催する、
 遠方から来てもらうには、土日祝の休日に開催する、
 地方のホールは公演日が近くても比較的土日祝に開催しやすい
 という、この強みを生かせるといいのかなと思いました。

・相撲
 もうすぐ春場所なので次はこれ。
 相撲における地方の強みとはなんでしょうか。
 ぱっと思いつくのは「地方開催の本場所」「ご当地出身力士」「地方巡業」かなと思います。
 ひとつひとつ見ていきましょう。
 「ご当地出身力士」
 3月の大阪場所、7月の名古屋場所、11月の九州場所は地方で開催されるため、
 開催場所に近い出身力士(ご当地出身力士)の声援がひときわ大きくなります。
 私は昨年すべての地方開催場所に
 関西はご当地出身力士でかつ人気力士が多いので、とても盛り上がりますね。
 名古屋は昨年、東海出身の関取が千代の国だけでしたが、
 (ちなみに千代の国のちゃかちゃかした相撲好きです。イケメンだし。)
 隣の長野出身の御嶽海のグッズが売店で一番売り出されてました。
 みーくん(御嶽海の愛称)はファンサ神だし強いし人気高いのわかります。
 相撲協会公式twitterの昨年の写真のうち、私の中でトップ3に入る写真です。
 




あとの二つはこれ(宇良くんの浴衣が豪栄道にプレゼントされたであろう寝屋川市のものなのも好き)

と、公式に載せていただいた私と友人の写真です。
詳しくは昨年五月場所の和装デーをどうぞ。
あと、昨年の五月場所中日の国技館外のテントらからの中継タイムの録画みたいです。
確実に自分が映っているのですが、どんな感じで映っているのか知りたいので。

と話がだいぶ飛びました。話を戻して、
九州場所はご当地出身力士も多いので、
盛り上がりますね。
私の推しの琴恵光(宮崎県出身)の声援が多くてよかったです。
 
「ご当地出身力士」
さっきの話ともかぶるのですが、
地方巡業でもこの要素は大きいです。
幕下以下であってもご当地出身であれば大きく紹介されますし。
関取があまり多くない県だと、出身者が一人出るだけでものすごいことになるようですね。
先ほどのみーくんがものすごく顕著ですし、
私の身近な例だと朝乃山がそうです。
母は富山出身なので朝乃山推しです。富山でも人気が高いようですね。

「地方巡業」
先に話しが出てしまっていますが、東北などの
本場所でご当地場所が実質ない県ですと、
出身地の地方巡業がご当地、といえるようです。
東北も関取多いところですものね。

相撲でいうところの地方の強みは、
本場所であれ、巡業であれ地方出身者がいること自体が
強みとなることかな、と思いました。

ほんとはサッカーやマラソンも書きたかったんですが
だいぶ長くなってしまったので
今回は割愛です。
また機会があったら書きます。

という、おはなしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/30

大津シンフォニックバンド第73回定期演奏会【感想】

こんばんは。
タイトルのおはなしです。

今回もさっくすおやぢさまにチケットをいただきました。
いつもありがとうございます。
今回同行いただいたのは大学時代の友人です。
クリスマスイブの日にありがとうございます。

相変わらずの盛りだくさんのプログラムで、
開演前と閉演後のロビーコンサートも含めて、
いつもすごいなあと思ってしまいます。
あれだけのヘビーなプログラムの上、
これだけ吹くってすごいですね。
さすが全国大会常連です。

今回、吹奏楽のコンサートは結構久しぶり
(おそらく8月のドラクエ以来)でしたので、
いろいろと感じたことを書いてみたいと思います。

I部は大好きな「アーデンの森のロザリンド」が聴けて良かったです。
なかなかよい曲なのですが聴く機会があまりないのでありがたかったです。
私が曲を書くのであれば、こういう上品な小品かマーチだなあ、
といろいろ思ってました。書くかどうかはわかんないけどね!
(ガルパンのサメさんチームのお銀さん風)←すみません、今日2回目見てきたところなんで。

2部は、吹奏楽久しぶりの大学時代の友人には少しヘビーかな、
と思いましたが、彼女はかなりの歴女で博識な方なので、
結構楽しんでいただけたようです。
「黎明のエスキース」「千の松明 音絵巻 〜俵藤太大百足退治伝説〜」は
歴史ものですものね。
平家派な友人は「千の松明 音絵巻」を楽しみにされていたようです。
そして私は作曲者の阿部勇一氏を「ラメセスII世の人」と紹介していました。
ちょうど、演奏会の一週間の世界ふしぎ発見がラメセスII世ネタだったのです。
世代的にもちょうどど真ん中なので、紹介の仕方に間違いはないのですが。

話を戻して、2部を通して感じたのはオーケストレーションの妙です。
同じ作曲家の違うタイプの曲2曲、吹奏楽をメインフィールドにしていない作曲家の曲2曲。
とらえ方や描き方はそれぞれ違うのですが、
一線級の方が織りなすオーケストレーションはやはり面白いな、
と感じました。
繊細さや骨太さ、それぞれの立ち位置は異なるのですが
見えてくる意志というか、こうしたい、という気持ちが強く感じられて、
これこそが作曲なのだなあ、と思いました。

「 幻想 琵琶湖周航」はもっともっと変奏曲的なものをイメージしていたのですが、
思った以上にわかりやすい琵琶湖周航の歌でした。
琵琶湖周航の歌が好きなうちの母を連れてこればよかったです。
ともあれ次回演奏会では発売されるであろうCDは買おうかなと思っています。
母が喜ぶと思うので。

アンコールはそりすべりと安定の威風堂々第一番、
威風堂々第一番のアレンジは飯島俊成氏で、
椎葉幻想(友人が先日椎葉村に行ってきたそうなので、そのつながりで)
の作曲家だというのを伝えるのを忘れてました。すんません。
しかし椎葉村といえば椎葉幻想が出てくるしげをちゃんも私もたいがいですね。
だって曲が好きですから。

今年の演奏会は、2回とも音楽に詳しい、しかし吹奏楽はあまり詳しくないor最近聴いていない、
という方と一緒に行きました。
自分とは少し違う立ち位置の方と聴くとまた違う風景が見えますね。
新鮮でした。

ということで、感想でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/25

吹奏楽にかかわるこれまでとこれから

こんばんは。
メリークリスマスです。
ちなみに今夜はもうクリスマスじゃないそうです(by森島先生)

昨日はOSBの演奏会に行かせていただきました。
感想はまた後程書くとして、
演奏を聴いたり、ここ2年ほどの吹奏楽のかかわり方を見直してみたりして
改めて思ったことを書いてみようと思います。

結論としましては、私は「吹奏楽」側の人間なんだと再認識しました。

吹奏楽に関連がそこまでない事柄、
例えば、今年は特にスポーツ観戦をしたり、また私も競技に参加していました。
スポーツの応援と吹奏楽は切っても切り離せないので
あらゆるところで吹奏楽は登場します。
そこでもやっぱり、感じ方はかなり吹奏楽寄りなんですね。
例えば応援で使われている曲や、演奏している団体。
どうしても吹奏楽見地で見ることが多いです。

私は特に、その中でもやはりマーチが好きです。
私は「ガールズ&パンツァー」というアニメが好きで、
劇場版を何度も映画館で見るぐらい好きです。
戦車が登場するアニメなので、
BGMもかなりマーチ寄り、純粋な吹奏楽ではありませんが
かなり音が吹奏楽を意識して作られています。
それが楽しくって仕方ない感じです。
アニメのサントラもマーチングを意識したものですし。

2年ほど、いわゆる吹奏楽界隈から外れたところでいろいろしていて、
結局戻ってきたのもやはり好きだから、なんだろうなと改めて思いました。

でもって、これから何やりたいだろうと考えたときに、
思ったのは最近の課題曲のマーチのことでした。
ここ最近のマーチの課題曲って、
メロディーに思いを詰め込んでいる印象です。
私は風の会フォロワーなので、
もう少しシンプルで鳴りのよい音が好きなんです。
今の傾向といえばそうなのだとは思うのですが、
どうも私としては、80年代後半から90年代初めのあの音が大好きなので、
マーチであの音が聴けたらいいなあと思っています。
いろいろ思うことはあるので、もう少しどうしたいかを詰められたらいいな、
と思っています。むしろ自分で書くとか。

という、お話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/05

ガルパンと吹奏楽

こんばんは。

ガールズ&パンツァー Advent Calendar 2017の5日目&
吹奏楽 Advent Calendar 2017の5日目です。

ということでタイトルのおはなしです。
ガルパンといえば行進曲、しかも戦争映画のBGMを意識して作られた音が魅力的です。
かなり音の作りがよいので、
ぜひとも音楽の浜口史郎さんをバンド維新(吹奏楽の新作発表イベント)に招聘してほしいです。
吹奏楽畑でない方に新作を作っていただく、というバンド維新のコンセプトにぴったりな方なので。

ところでガルパンのBGMは吹奏楽(特にマーチ)を意識して作られているのですが、
実は弦楽器も入っていて、いわゆる純粋な吹奏楽編成でないというところも、
ガルパンBGMの魅力の一つでもあります。
サントラのインタビューでもこの点を浜口さんは強調されてました。


実はこの記事のためにサントラ買いました。
いい買い物をしました。

吹奏楽、というかマーチングになりますが、
大洗高校ブルーホークスもガルパンに縁のある団体ですね。

吹奏楽界隈で以前話題になったことがあったので、
このときにガルパンも吹奏楽界隈でもっと広まってほしいなあと思いました。
ニューサウンズインブラス
(ポップス系アレンジ吹奏楽曲集の代表的なシリーズ。
 「響け!ユーフォニアム」でも取り上げられた「宝島」もこのシリーズの曲です)
で取り上げられませんかねえ。
取り上げられるといいなあ。

さてさて、来年のGWには有志でガールズ&パンツァーの楽曲を吹奏楽で演奏する演奏会が開かれますね。
公式アカウントはこちら。
https://twitter.com/GuP_WindOrche
興味のある方はいかれてみてはいかがでしょうか。


最後はこちらをどうぞ。

という、おはなしでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/26

アドベントカレンダーを書こう!(吹奏楽、大相撲、SHIROBAKO、ガルパン)

こんばんは。
寒暖の差が激しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
世間は吹奏楽コンクール全国大会シーズンですね。

ということでタイトルのおはなし。
最近更新の頻度が少ないので、
ちょっとモチベーションを上げてみようとアドベントカレンダーを登録してみました。

なお、「アドベントカレンダー」とは、
"Advent Calendarは本来、12月1日から24日までクリスマスを待つまでに1日に1つ、穴が空けられるようになっているカレンダーです。WebでのAdvent Calendarは、その風習に習い、12月1日から25日まで1日に1つ、みんなで記事を投稿していくというイベントです。"
とのことです。

昨年もいくつか登録したのですが、
今年は自分でもカレンダーを作成してみました。
ちなみに、カレンダーの登録はどなたでもできますので、
気になるお題があったらぜひ登録してほしいです。
記事を読みたいカレンダーを登録しましたし。

お題一覧はこちら。
https://adventar.org/

登録した各カレンダーのリンクはこちら。
・吹奏楽
 https://adventar.org/calendars/2174

・大相撲
 https://adventar.org/calendars/2175

・SHIROBAKO
 https://adventar.org/calendars/2092

・ガールズ&パンツァー
 https://adventar.org/calendars/2076

これだけだとなかなかイメージしにくいと思いますので、
「こうなるといいなあ」というサンプルの、
一昨年と昨年のSHIROBAKOアドベントカレンダーもリンクします。
・SHIROBAKO Advent Calendar 2015
 https://adventar.org/calendars/729

・SHIROBAKO Advent Calendar 2016
 https://adventar.org/calendars/1343

ということで、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/07

日常に潜む吹奏楽

こんにちは。

例えば、テレビ番組の「鉄腕!DASH」で「天国の島」がBGMで流れたり、
こちらもテレビ番組の「プレバト」のBGMで新旧課題曲各種が流れていたり、
高校野球で吹奏楽オリジナル曲が使用されていたり、
マラソン大会の応援演奏で吹奏楽オリジナル曲が使用されていたりするのを
ひそかに楽しむのが大好きなのですが、
この気持ち、わかっていただけますでしょうか。
先ほどの豪栄道関パレードのファンファーレもこのカテゴリです。

最近のツボはこちらでした。(コメント欄まで読んでくださいまし)



私、東大阪民なので衣摺はなじみ深い地名でして、
正直ニュースになるぐらいとはさっぱり思っていませんでした。
改めて見ると確かに難読だねえ、と客観的に見るとそうなんだなあ、と思いました。

という、お話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪栄道優勝パレードに「パクス・ロマーナ」が!

タイトルだけの出オチです。

ちなみにこの日は情報処理試験のため行けずでしたが、
動画があってうれしかったです。

私、相撲好きなので今年は1月場所以外の本場所を見に行っているのですが
(11月場所もチケット確保しています)
まさかのところで好きな曲が流れていたのでよかったです。
ありがとう寝屋川高校のみなさん。
寝屋川ハーフマラソンも走ります。よろしくお願いいたします。

参考:「パクス・ロマーナ」フルバージョン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム音楽とオーケストラと吹奏楽

おはようございます。

こういう文章を書くのは久しぶりですね。
考える時間がなかったのが正直なところです(>_<)
少しは余力ができたということで、
書いてみたいと思います。

このところゲーム音楽やアニメのオーケストラコンサートが増えてきています。
ファンには生のオーケストラで好きな音楽が聴ける、
オーケストラにとっては演奏機会が増える、と
win-winな関係だと思います。

ジャンル外の方からは
「オーケストラと吹奏楽の違いがわからない」という声もたびたび聴きます。
そんな中で、吹奏楽とマーチングバンドの特徴がしっかりが書いてあるサイトがあって
いいなあと思いました。
https://event.xflag.com/orchestra/wind/

ところで、ゲーム音楽と吹奏楽のコンサートの先駆けというと、
シエナ・ウインド・オーケストラの「BRA★BRA FINAL FANTASY」かな、と思います。
http://l-tike.com/classic/brabraff/
サイトを見ればしっかり「吹奏楽」と書いてあるのですが、
私は「BRA★BRA」という表記があまり好きではなかったので、
こうやって「ウインド・オーケストラ」という表記が増えているのがうれしいな、と思います。

ここ一年ほどでものすごく公演数が増えた
「ドラゴンクエスト」ウインドオーケストラコンサート」もそうです。
http://kyodotokyo.com/dragonquest-wind
東は東京佼成ウインドオーケストラ、西はOsaka Shion Wind Orchestraで、
住み分けができているのみたいです。
シオンは特集ページがないので、楽団トップページをご紹介します。
http://shion.jp/

ゲーム音楽からのアプローチで、
オーケストラと吹奏楽の違いがわかるようになるのはとても新鮮で面白いことだなと思います。
これからももっと広がるといいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧