« 中間管理職になったら | トップページ | 2017年あけましておめでとうございます »

2016/12/25

大津シンフォニックバンド第71回定期演奏会【感想】

おはようございます。
クリスマスですね。

OSBの演奏会の感想を書きます。
今回も、さっくすおやぢさまにチケットをいただきました。
同行いただいたすみれさまありがとうございます。

ロビーコンサートでは「千本桜」をフルートアンサンブルで演奏していました。
かなり難易度の高い曲を本番前に吹きこなすとはすごいです。

第一部はポップス系の曲でした。
私の好きな「ウィークエンド・イン・ニューヨーク」や
「私のお気に入り」が聴けてよかったです。
中嶋先生の指揮はイギリスものがよく合います。

第二部はコンクールの課題曲・自由曲と
全国大会出場15回記念、ベテランの皆さまのソロをフィーチャーした
伝説の「演歌」メドレー、そして一時期コンクールでも流行した
「第六の幸福をもたらす宿」でした。

課題曲・自由曲を演奏する前に、
自由曲作曲者である阿部勇一さんのご紹介がありました。
深い関係がよくわかるご紹介でした。

でもって思ったこと。



曲を書いても作曲家とは呼ばれない。では作曲家とはどのようにすれば呼ばれるのだろう、
と哲学的に考えてしまいました。

演奏は総じてすばらしく、
全国大会出場15回記念で音もとても華やかでした。
1回目に出場した時(28年前)に出場していた人が起立されたとき、
さっくすおやぢさまが輝いて見えました。
OSBはベテランと若手がうまくバランスのとれた団体なのだなあと思います。

そしてロビーとアンコールの写真。
Img_29791

Img_29801

アンコールの「フニクリフニクラ」でガルパンおじさん(メス)の私歓喜!
ドゥーチェ!ドゥーチェ!

ということで、感想でした。

|

« 中間管理職になったら | トップページ | 2017年あけましておめでとうございます »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

大津シンフォニックバンド」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/64673014

この記事へのトラックバック一覧です: 大津シンフォニックバンド第71回定期演奏会【感想】:

« 中間管理職になったら | トップページ | 2017年あけましておめでとうございます »