« 陸上自衛隊中央音楽隊 第149回定期演奏会 のごあんない | トップページ | 大津シンフォニックバンド 第71回定期演奏会のごあんない »

2016/08/07

大津シンフォニックバンド 第70回定期演奏会【感想】

こんばんは。

今更ながらですが感想を書きます。
時間もたってますのでポイントだけ。
チケットをくださったさっくすおやぢさま、
同行くださったすみれさまありがとうございました。

一番印象的だったのは委嘱作品の交響詩「ヌーナ」(阿部勇一)でした。
長年のおつきあいで息の合った作品で、
今年の自由曲であれば全国間違いなしの演奏だったと思います。
この時点でこれだけの完成度というのはすごかったです。
そしてもうひとつ、私が楽しみだったのは「星へのきざはし」第一部(櫛田てつの扶)。
私は蠍座なので、「II.蠍座」がとても気になっていました。
期待通りの激しさがとてもよかったと思います。
作曲者お二方もいらっしゃってましたね。
櫛田先生はおしゃれでした。

あと、ゲストを招いての「ラプソディー・イン・ブルー」は、
編曲者の樽屋雅徳氏の色が濃く出ていました。


今回は全般的にチャレンジングな演奏会だったと思います。
お時間がぎりぎりだったそうで、休憩時間もつめていらっしゃいました。
いろいろなジャンルの曲が聴けるのはありがたいことですね。
得意としているジャンルがあるから、展開もしやすいのでしょうか。

そんなことを思った演奏会でした。

|

« 陸上自衛隊中央音楽隊 第149回定期演奏会 のごあんない | トップページ | 大津シンフォニックバンド 第71回定期演奏会のごあんない »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

大津シンフォニックバンド」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/64026236

この記事へのトラックバック一覧です: 大津シンフォニックバンド 第70回定期演奏会【感想】:

« 陸上自衛隊中央音楽隊 第149回定期演奏会 のごあんない | トップページ | 大津シンフォニックバンド 第71回定期演奏会のごあんない »