« 2016年度課題曲決定 | トップページ | 『「NHK音楽祭2015」オープニング・コンサート』公開生放送 観覧申込募集中! »

2015/07/06

大津シンフォニックバンド第68回定期演奏会【感想】

こんばんは。
だいぶ遅くなってしまいましたが感想を書きたいと思います。

ということで今回もさっくすおやぢさまにお世話になりました。
いつも本当にありがとうございます。
そして今回ご同行いただいたのはすみれさま、御茶漬さまです。
いつも本当にありがとうございます。
OSBはいつも驚きの満員ぶりですね。
会場前の列のすごさは相変わらずでした。

第1部は中嶋先生の指揮で、
「ジュビラント序曲」、「詩的間奏曲」、「ウエストサイド物語」より"シンフォニック・ダンス"が演奏されました。
個人的に「詩的間奏曲」が思い出深かったです。
ホルンのどソロ(私は本番ではやりませんでしたが)や美しいメロディー、
10年ぐらい前の懐かしい思い出などがよみがえりました。
それにしても当時私が演奏していたのと、
OSBの演奏があまりにも違いすぎて愕然としてしまいました。
生でこそわかる感覚だなあと思いました。

「ウエストサイド物語」より"シンフォニック・ダンス"はプログラムにも書いてありますが、
比較的近年まで(といってももう7年たつのですね。時間がたつのははやい)
吹奏楽版の楽譜が出版されていなかったため、
演奏会で聴けるようになったのもここ最近のこと。
大人のテンションの高さを感じました。

休憩明けて第2部は森島先生の指揮で。
今回はバラエティに富んだ選曲で、
マーチは映画音楽なども聴けます。
マーチ「未来の風」、「もののけ姫」メドレーと続いて
委嘱作品の「詩人の恋」。
かなりしっとりした作品でした。原曲がそうなんでしょうか。
個人的に高昌帥氏のしっとり、おとなしい、元気系の曲が好きなんで、
新しい表情が見えてよかったなと思いました。
さすがにコンクール向けではない感じですから、
今回は委嘱作品での出場ではないのかな、と思いました。
ラストはだったん人の踊り、です。
最近はポロヴェッツ人の踊りとも訳されますね。
哀愁漂うしっとりとした演奏だったと思います。

アンコールは木曜組とのコラボのホルスト第一組曲の「マーチ」、
課題曲IIの「春の道を歩こう」、
そしていつもの威風堂々第一番、だったと思います。
今回アンコールの写メし忘れてあいまいになってます。ごめんなさい。

個人的に、毎回プログラムにはさまれている
「かわら版」で、「響け!ユーフォニアム」に触れられているのがよかったです。
団長が出演している・・・のくだりがツボでした。
「響け!ユーフォニアム」でおいしい役どころの塚本秀一君の名前の元ネタが、
おそらくOSBの団長さんなんですね(なんといっても同姓同名で楽器もトロンボーン)。
大人の団体のOSBのみなさんも、きちんとチェックされているのだなあと思うと、
なんだかうれしいなあ、と思いました。

ということで、感想でした。

|

« 2016年度課題曲決定 | トップページ | 『「NHK音楽祭2015」オープニング・コンサート』公開生放送 観覧申込募集中! »

吹奏楽」カテゴリの記事

大津シンフォニックバンド」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/61847385

この記事へのトラックバック一覧です: 大津シンフォニックバンド第68回定期演奏会【感想】:

« 2016年度課題曲決定 | トップページ | 『「NHK音楽祭2015」オープニング・コンサート』公開生放送 観覧申込募集中! »