« 第64回関西吹奏楽コンクール:職場・一般の部【感想】 | トップページ | 第59回 北海道吹奏楽コンクール 中学Aの部の途中まで【感想】 »

2014/08/24

第64回関西吹奏楽コンクール:大学の部【感想】

こんばんは。

大学の部の感想も書いていきます。
こちらもはまたにさんと一緒に聴きました。
ありがとうございます。

1.京都橘大学 銀賞
 4/歌劇「トゥーランドット」より (G.プッチーニ/鈴木英史)
 個人的に注目していた団体がついに立命館をおさえての代表。
 人数もだいぶ増えましたね。女性が増えたかな。
 元気で明るいサウンドは好印象。
 もう少し整えていくとよくなると思います。

2.関西大学 銀賞
 1/いにしえの時から (J.ヴァン・デル・ロースト)
 今回の関西大会は、バンドパワー一押し系の曲が多かったかな?
 選曲の傾向も変わってきてておもしろいですね。
 いにしえの時からも、曲の移り変わりを楽しくきくことができました。
 海外のオリジナル作品、相性がよいように思います。

3.関西学院大学 金賞
 4/歌劇「ばらの騎士」組曲 (R.シュトラウス/森田一浩)
 ホルンものすごくがんばってました。以前より団員が増えている印象です。
 鳴りもよかったのですが、代表団体との差はやはり整理ぐあい。
 鳴らすもの大事ですが、もう少し中身をそろえていくとよくなると思います。

4.龍谷大学 金賞・代表
4/交響曲第5番「革命」より 第4楽章 (D.ショスタコーヴィチ/上埜孝)
 ダントツトップの演奏でした。若林先生の調子の最高潮に乗れた感じです。
 おそらく上埜先生の追悼の意味もあると思いますが、
 それも踏まえての圧倒的な演奏だったと思います。
 トロンボーンよかったです。

5.滋賀大学 銅賞
4/喜歌劇「小鳥売り」セレクション(C.ツェラー/鈴木英史)
 さらっと明るい曲が楽しげでした。
 個人的希望を言うと、セレクションもの以外も聴きたいな、と思います。
 もう少しチャレンジするとよいと思います。

6.近畿大学 金賞・代表
1/交響曲第3番より 第4楽章 (J.バーンズ)
 悩みや苦しみから解放された明るさ、というのが今の自分にあってて
 興味深く聞きました。
 やはり聞かせどころを知っているといった印象です。
 ホルンよかったですね。

7.和歌山大学 銅賞
 2/セルゲイ・モンタージュ(鈴木英史)
 こちらは甲西吹奏楽団とまるかぶりですね。
 一般の音を聞くとかわるので、
まずはそこから・・・といった感じです。

ということで、感想でした。

|

« 第64回関西吹奏楽コンクール:職場・一般の部【感想】 | トップページ | 第59回 北海道吹奏楽コンクール 中学Aの部の途中まで【感想】 »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

龍谷大学吹奏楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/60204531

この記事へのトラックバック一覧です: 第64回関西吹奏楽コンクール:大学の部【感想】:

« 第64回関西吹奏楽コンクール:職場・一般の部【感想】 | トップページ | 第59回 北海道吹奏楽コンクール 中学Aの部の途中まで【感想】 »