« 第4回 日本管打・吹奏楽学会 作曲賞のごあんない | トップページ | 中高生のための吹奏楽・管弦楽スーパーセッションコンサート 観覧募集のごあんない »

2012/09/11

平成24年度 第67回東海吹奏楽コンクール大学の部【感想】

こんばんは。

感想を書いていきます。
はじめ一般の部だけ聴くつもりだったのですが、
一般の部では演奏されなかった課題曲IIIを友人が聴きたいということでしたので、
結果的に結果発表までいることになりました。
同行の友人には宿泊&送迎でもお世話になりました。
ありがとうございますm(_ _)m

ではいきましょう。

1.名古屋商科大学 銀賞 課題曲:3/自由曲:パガニーニの主題による幻想変奏曲
 誠実な音作りの団体でした。全体的に柔らかめのサウンドなので、
 そういう音があう曲を選ぶとよいかな、と思います。
 自由曲はもう少し緊迫感があるとよりよいかな、と思いました。

2.愛知教育大学 銀賞 課題曲:4/自由曲:バレエ音楽「恋は魔術師」より
 しゃきしゃきとした音で広がるがある感じがしました。
 もう少しまとめるとよいかもしれません。
 代表争いにからむかと思える演奏でした。

3.三重大学 銀賞 課題曲:1/自由曲:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より
 よい音で割と私好み。まったりとした雰囲気がよくあっていると思いました。
 ホルンソロはもっと自信をもってよいと思います。
 テンポが安定していて安心して聴けました。

4.静岡県立大学 銅賞 課題曲:3/自由曲:プラトンの洞窟からの脱出
 今年人気再燃のメリロ。ホルンは自信をもってよいと思います。
 各ソロは、個人技を磨くともっとよくなると思います。
 
5.信州大学 金賞・代表 課題曲:2/自由曲:バレエ音楽「中国の不思議な役人」より
 初の代表おめでとうございます。
 リズム感がよく、まとまっていたと思います。
 フレーズが少し短く感じられるところがありましたが、これは好みですかね。
 自由曲のトロンボーンの存在感ある演奏がよかったと思います。

6.中部学院大学 銀賞 課題曲:1/自由曲:バレエ音楽「審問」より
 ピンク色の鮮やかなジャケットが新鮮。
 低音の安定感がよかったです。
 ロングトーンや音の処理など、基本的なところをきちんとおさえるともっとよくなると思います。
 最後の和音って曲全体の印象にもつながるので、
 ここだけは!という気持ちで決めるとよいのでは、と思いました。

特別演奏:静岡大学
 行進曲「希望の空」
 ルイ・ブルジョアの賛歌による変奏曲
 聖者の行進

今年コンクールに出たら、上二つの選曲だったのでしょうね。
課題曲がきちんと演奏できる、というのが代表の条件、
ということがよくわかる演奏でした。
「ルイ・ブルジョア~」はこのバンドらしい、勢いのある演奏ですね。
これでこそ、だと思います。
聖者の行進は楽器紹介も兼ねていて、
大勢で盛り上がって楽しい締めでした。
にぎやかで楽しかったです。

ということで、感想でした。

|

« 第4回 日本管打・吹奏楽学会 作曲賞のごあんない | トップページ | 中高生のための吹奏楽・管弦楽スーパーセッションコンサート 観覧募集のごあんない »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/55634070

この記事へのトラックバック一覧です: 平成24年度 第67回東海吹奏楽コンクール大学の部【感想】:

« 第4回 日本管打・吹奏楽学会 作曲賞のごあんない | トップページ | 中高生のための吹奏楽・管弦楽スーパーセッションコンサート 観覧募集のごあんない »