« お休みしています&2012年度吹奏楽コンクール課題曲 マーチ2曲についての一考察 【ブログ版】 | トップページ | いわゆる「邦人作品ブーム」の、その先へ »

2012/06/18

2012年7月の吹奏楽番組放送予定+α

こんばんは。
まだまだお休み中です。

毎月恒例吹奏楽番組の放送予定です。
今月も「Webぶらあぼ」さんにお世話になります。
アドレスはこちら。
http://www.mde.co.jp/ebravo/book/201207/#page=184

ではいきましょう。

【NHK-FM】
・吹奏楽のひびき 毎週日曜8:10~9:00
 http://www.nhk.or.jp/classic/hibiki/

 7月1日(日) アルメニアの音楽特集
 7月8日(日) 第15回「響宴」~最新の邦人作品から~
 7月15日(日) 没後400年 ガブリエリ特集
 7月22日(日) オリンピック音楽特集
 7月29日(日) リクエスト特集

「アルメニアの音楽」といえば、
もちろんアルメニアンダンスですよね。
きっと放送されるのかな、とは思いますが、
その他の曲も放送されると思います。(放送時間的に)

「響宴」、どの曲が放送されるのでしょうね。
委嘱作品枠は「明日への絆」でお願いいたします。
他はどうなんでしょうね。
下谷奨励賞受賞作は、どちらかは放送されそうですが。
OSB委嘱作どちらかは放送されるとよいですね。

ガブリエリといえば金管アンサンブルですかね。
どんな曲が放送されるのか楽しみです。

オリンピック音楽特集、
日本のみならず海外の開催での曲も放送されるのでしょうか。
楽しみです。

吹奏楽番組ではありませんが、
吹奏楽曲が放送されそうな番組がありますのでご紹介です。

・DJクラシック 毎週金曜21:10~22:00
 7月27日(金) 茂木大輔の”オーケストラをやってきた!”
 オリンピック特別企画 行進曲大特集!

 「吹奏楽のひびき」でも特集される、オリンピック特集ですね。
 行進曲ということで、おそらく吹奏楽曲も放送されるかと思います。


【ABCラジオ】※近畿圏のみ
・吹奏楽の時間 毎週日曜6:45~7:00
http://abc1008.com/suisougaku/index.html
トークと短めの曲1曲、という構成です。


さて、おまけで今月の気になる吹奏楽番組の内容をご紹介します。

ひとつめ。
次回の「吹奏楽のひびき」はリクエスト特集です。
放送内容はこちら。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-06-24&ch=07&eid=87616

先日話題になりました、「行進曲“金星の太陽面通過”」が放送されます。
「組曲“惑星”から“木星”」も放送されますね。
この二つに関連するのは、ふたご座。
占い的に「金星の太陽面通過」が起こったのはふたご座で、
先日木星が移動したのもふたご座です。
でもってパーソナリティー氏もふたご座さんですね。
少し早めですがお誕生日おめでとうございます。
あと、「ローマの祭り」も気になるところです。
酒井根中ご指名のリクエストなんですかね。

ふたつめ。
次回の笑ってコラえての「吹奏楽の旅2012 マーチング編」は
精華女子高等学校の回です。
詳細はこちら。
http://www.ntv.co.jp/warakora/
私は残念ながらリアルタイムでは見られません。
このところ水曜は出かけてることが多いです。

みっつめ。
次回の「Nishinomiya WIND WAVE」に
大阪市音楽団のコンサートマスター長瀬敏和さんがご出演されます。
詳細はこちら。
http://787brass.blog.so-net.ne.jp/
コミュニティFMなので聴ける地域が限られるのですよね。
コミュラジ対応してもらえるとうれしいなあ、と思います。

7月も楽しい吹奏楽ライフをお送りください。

|

« お休みしています&2012年度吹奏楽コンクール課題曲 マーチ2曲についての一考察 【ブログ版】 | トップページ | いわゆる「邦人作品ブーム」の、その先へ »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽のひびき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/54997558

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年7月の吹奏楽番組放送予定+α:

« お休みしています&2012年度吹奏楽コンクール課題曲 マーチ2曲についての一考察 【ブログ版】 | トップページ | いわゆる「邦人作品ブーム」の、その先へ »