« 「Wind Bands and Cultural Identity in Japanese Schools」 を買いました | トップページ | 市音にまつわるちょっとしたおはなし »

2012/01/22

【吹奏楽のひびき】2012.01.22 放送分 実況

おはようございます。

市音関連、まとめてみようと思いましたがなかなかうまくいかず。
しばらく様子見しようと思います。

今日の放送内容はこちら。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-01-22&ch=07&eid=87615

「展覧会の絵」オンリー!
編曲が気になるところですね。

ラヴェル版いいですよね。
あの強烈なオーケストレーション、すごいです。

今回の版はピアノ版からなんですねー。
高橋徹版もピアノ版から。
高橋徹版はこちらで聴けます。
http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-2013/

プロムナードの初めが繊細な楽器になるのは共通ですねー。
ラヴェル版のトランペットはかなりのインパクトですから、
同じ楽器を使うと同じ印象になってしまいますし。

それにしても、新田ユリさんの指揮は上品でいいですね。
もっと吹奏楽のプロの団体を振ってほしいと思うのですが。
吹奏楽にも理解のある方ですし。

チェーン、というところが現代的です。
今じゃないと使わない楽器かなあ、と思うのですが、
どうなんでしょうね。

トランペットではじまるプロムナードはやっぱりおさえたいよね!
これは高橋徹版でも同じだったような気がしますです。

ところどころに公開録音らしさを感じます。

ホイッスルなんかもそうですね。
なんか打楽器ばっかり聴いてるな。私。

ところどころに現れるピアノがいいですね。

かなり現代的なアレンジと演奏。
名曲はどんなテイストで味付けしても、
やっぱりその曲に聴こえる好例ですね。
いや、現代的とはいえ、正統派な上の現代的味付けですが。

来週はリクエスト特集です。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-01-29&ch=07&eid=87621

「Overture "Five Rings"」が淀工の演奏!
「雲のコラージュ」は浜響なんですね。どんなアレンジがされているのかな。
「行進曲“威風堂々”第1番」はあれですね、
CD「藍色の谷」に入っているのですね!
二週連続中橋編曲もの!そして現場監督さま!

ということで、実況でした。

|

« 「Wind Bands and Cultural Identity in Japanese Schools」 を買いました | トップページ | 市音にまつわるちょっとしたおはなし »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽のひびき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/53793734

この記事へのトラックバック一覧です: 【吹奏楽のひびき】2012.01.22 放送分 実況:

« 「Wind Bands and Cultural Identity in Japanese Schools」 を買いました | トップページ | 市音にまつわるちょっとしたおはなし »