« ミュージックエイトの参考音源に大津シンフォニックバンドの音源が追加されました(再) | トップページ | 作品集が出るということ »

2011/12/14

親しみやすい系高昌帥曲

こんばんは。

タイトルのお話です。
今をときめく人気作曲家、高昌帥氏の曲といえば、
たとえば「マインドスケープ」や「コリアンダンス」や
「陽が昇るとき」や「ディテュランボス」や「パンソリック・ラプソディ」など、
割とハードな作風の曲を思い出しますし、
実際よく演奏されているのもこれらの曲だと思います。

が、実は親しみやすい曲もたくさんあるんですよ、
というおはなしです。
有名どころだと先日の「吹奏楽のひびき」でも放送されました、
「アリランと赤とんぼ」がありますし、
個人的に好きな「『埴生の宿』変奏曲」もあります。
この曲、かなり狙ったいたるちっくな曲だと、
私は勝手に思っております。

振り幅の広い作風の作曲家といえば天野正道氏を思い出しますが、
天野氏とはまた違った親しみやすさなんですね。
天野氏は「かっこいい」親しみやすさで、
高氏は「やわらかい」親しみやすさだと思います。
ちなみに私はどっちも大好きです。

話を戻して、「埴生の宿」変奏曲はなかなか生で聴く機会がないので、
できれば生で聴く機会があるといいなあ、と思いつつ。
できれば龍谷大(というか現場監督さま指揮)の演奏で聴けたらいいなあ、
と思っております。
市音とは違ったアプローチで、
より合いそうな団体というとやっぱりそうなるんですよね。

という、妄想でした(^-^)

|

« ミュージックエイトの参考音源に大津シンフォニックバンドの音源が追加されました(再) | トップページ | 作品集が出るということ »

吹奏楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/53485831

この記事へのトラックバック一覧です: 親しみやすい系高昌帥曲:

« ミュージックエイトの参考音源に大津シンフォニックバンドの音源が追加されました(再) | トップページ | 作品集が出るということ »