« 【マルタ島旅行記】その9 ~ヴァレッタでの遭遇 | トップページ | 【マルタ島旅行記】その11 ~街中ショッピング »

2011/01/09

【マルタ島旅行記】その10 ~人助けとアトラクションなバスとディナー

こんばんは。
11回目です。

これまでのお話はリンク先をご参照ください。

【マルタ島旅行記】その0 ~旅行に行くまでのお話

【マルタ島旅行記】その1 ~大晦日は雪と風がてんこもり

【マルタ島旅行記】その2 ~ドバイの空港はゴージャスすぎ

【マルタ島旅行記】その3 ~マルタ島到着!

【マルタ島旅行記】その4 ~ゴゾ島に行くよ!

【マルタ島旅行記】その5 ~アズールウィンドウハイテンション

【マルタ島旅行記】その6 ~ ブルーグロットと遺跡とワイン

【マルタ島旅行記】その7 ~ヴァレッタハイテンション(Yちゃんが)

【マルタ島旅行記】その8 ~自由行動は HopOn HopOff バスで

【マルタ島旅行記】その9 ~ヴァレッタでの遭遇

ヴァレッタの端にある聖エルモ砦と施療院に行ったYちゃんと私。

帰りがてら、街歩きです。

・馬車
195
ヴァレッタやその他市街地では、馬車が見られます。
もちろん乗れますが、今回は残念ながら乗る機会がありませんでした。

・裏路地
198
マルタ島の市街地は、こんな感じの裏路地がいっぱいあります。
趣があっていいところです。
ほどよい生活感がいい感じ。
そして、ここでわかるとおり、路駐は結構いろんなところで見られます。

・教会
226
町のあちこちに、協会があります。
キリスト教が根付いている感じがよくわかります。

さて、バス乗り場付近まで帰ってくるまでに、
お土産を探しました。
私は母に頼まれているアクセサリーを。
私の母はブローチ派なので、
マルタ十字のブローチを探していたのですが、
なかなか見つかりません。
なんとかぎりぎり、探すことができて
あわてて購入しました。
後で見たら、ペンダントトップにもなるタイプのようです。
Yちゃんも、同じお店でお母様へのお土産を買っていました。

そしてYちゃんのお目当ては聖ヨハネ騎士団のフィギュア!
お土産屋さんにこれでもかとあるのですよ!
相当迷ったようですが、無事に一体購入されていました。

さて、バス乗り場に戻りますと、
先ほどお母さんと会ったご家族連れの、
お父さんと息子さんがいらっしゃいました。
そして、お父さんが「緑の服の人(お母さんですね)を知りませんか?」
と話しかけてこられました。

話を聞くと、ヴァレッタで添乗員さんとお母さんとはぐれてしまったこと。
いずれバス乗り場に戻ってくるであろうということで、
シティゲート(ヴァレッタの入口にある大きな門」とバス乗り場を、
ずっと往復していたこと。
とのことでした。
そして私たちは、
添乗員さんとお母さんは、
聖エルモ砦(バス乗り場から一番遠い場所)
でバスに乗ると言っていたことを伝えました。

それを聞いて安心したのか、
お父さんは次のバス(ヴァレッタからホテルに向かう最終のバス)
に乗られることにしたようです。
ちなみに息子さんはまだ6歳。
めちゃくちゃかわいいので、
同じツアーのみなさんから可愛がられてました。

さて、無事にバスがやってきたので、
ここからホテルまで約2時間ちょっとのバス旅です。
途中で日が暮れて寒くなったのですが、
吹きっさらしの2階から降りるタイミングを逃して、
そのまま2階で乗っていました。

バスはかなり大胆な走りをするので、
それ自体がアトラクションのような感じでした。
私も笑いっぱなしでした。
最後は楽しいよりも怖いのほうが強くなったので、
ずっと手すりを握ってましたが。

そんなバスから見た風景です。

・銀行
151
イギリス系の世界に支店を持つ銀行だそうです。
Bank Of Valletaもみましたが、ここの銀行が一番目立ちました。

・Siege Bell
234
ロウアー・バラッカ・ガーデンの近くにあります。

・水道橋と駐車場
237
水道橋の柱が駐車場の区切りになっています。

・イムディーナを外から眺める
240
イムディーナの町はこんな感じで城壁に囲まれています。

ちなみにバスは、ヴァレッタからイムディーナ・ラバト、
ワイナリー、ガラス工房などを通ります。
ワイナリー近くでは市が立ってました。

・大聖堂
246
この大聖堂付近は渋滞してました。有名地なんでしょうね。

・町の装飾
248
道の上(バスのすぐ近く!)に張り巡らされている電飾。
夜になって明かりがともるときれいなんでしょうね。

といった感じで、島を半周ぐらいした後、無事にホテルに戻ったのでした。

ホテルに戻ると、さっきのお父さんと息子さんの姿を確認して、
添乗員さんは安心なさったようです。
お父さんと息子さんはお母さんが待つお部屋に戻られたので、
私たちで添乗員さんに事情を話して、
無事にお父さんと息子さんの不安も解消できたことを伝えたのでした。

さて、朝に予約していたディナーです!
お店は「Chapter One」というお店。
予約しないと入れない人気店だそうです。
入ると、確かに人気が出るのもうなずけます。
まずおいしい、そして店のオーナーのお母さんが日本人なんですね。
とってもいい感じのお母さん(鹿児島出身だそうです)が対応してくださって、
日本人グループの私たちもとっても安心したのでした。
ちなみに、他のグループの方とあわせて8人でいきました。
席は、2人席を用意していただきました。
ありがとうございます。

まずは前菜。
私が選んだのは鯛のカルパッチョです。
251
これまたあっさりしておいしい。

そしてメイン。
私はマルタ島名物のうさぎ料理にしました。
うさぎ年ですしね。
252
あっさりしたお味なので、
ワインは白の方があうと思います。
私は赤を選びました。肉料理だったので。
正直白がいいと思います。

デザートのバニラアイスは撮り忘れました。

さて、長かった自由行動の日もこれでおしまい、
ついに明日、マルタ島ともお別れです。

ということで、次回に続く。


|

« 【マルタ島旅行記】その9 ~ヴァレッタでの遭遇 | トップページ | 【マルタ島旅行記】その11 ~街中ショッピング »

マルタ島旅行記」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/50539678

この記事へのトラックバック一覧です: 【マルタ島旅行記】その10 ~人助けとアトラクションなバスとディナー:

« 【マルタ島旅行記】その9 ~ヴァレッタでの遭遇 | トップページ | 【マルタ島旅行記】その11 ~街中ショッピング »