« 第3回相愛ウィンドオーケストラ ポップスコンサート【感想】 | トップページ | ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス/土気シビックウインドオーケストラ »

2010/04/18

全日本吹奏楽コンクール三年連続出場記念演奏会 第2回 "もうひとつの全国大会"【感想】

こんばんは。

もりもりいきます。

ということで、感想です。
今回は同行者の方がたくさん!
お友達夫妻とそのお友達(私も知り合いです)
せきどさまとソニー吹奏楽団のコンミスさん
にお世話になりました。
ありがとうございます。
私は一人で行くことが多いので、
たくさんいらっしゃるととてもうれしいのです。

チケットご協力はさっくすおやぢさまです。
ありがとうございます。

ではいきましょう。
最初は埼玉栄高校の演奏で、
オープニングは「五月の風」!
超胸キュン☆ですね!!
1997年の課題曲なので、演奏している生徒さんは
この曲が課題曲であることも知らないのかもしれませんね。
と思うととってもびっくりなのです。
次は個人的に気になっていた「マードックからの最後の手紙」。
なぜ気になっていたかというと樽屋氏の新境地という噂だからです。
実際聴いてみましたら「オーケストレーションがよくなったかなあ」、
という印象でした。
ホルンに無理させるところが少し減ったでしょうか、
というところです。
邦人作品ばっかり気になる私は「扇を指差す君たちへ」が気になってまして、
まずその気になるタイトルなのですが、
これは、埼玉栄高校のある「指扇」をもじったものだそうです。
で、どんな曲かというとかなりのポップス調。
聴きやすい曲でした。
そうですね、宍倉氏のアレンジが好きな方はお好きかも知れませんね。

次は東北福祉大学。
昨年の全国大会で見事3出を達成されました。
3出達成は2008年でなくても大丈夫なのかな?
基準が気になっちゃう今日この頃です。

さて、お名前のとおりの東北の団体ですので、
内藤淳一氏の曲からスタートですよ!
超胸キュン☆ですよ!!
やっぱりいいですねー。うふふ。
「マジックバレー」は、今まで聴いたことがないようなタイプの曲でしたので、
興味深く聴かせていただきました。
八木澤氏の曲は、やっぱり八木澤氏の曲ですね。

だいぶ演奏会も進んできました。
次は酒井根中学校の演奏。
何気に一番人気だったかも、と思いますがいかがでしょうか?
同行してくださった皆様も酒井根中学校の話題が多かったように思います。
「オセロ」は、抜粋でしかもIV楽章で終わりなので、
間違って拍手しても大丈夫!
って、間違って拍手するうっかりさんは私ぐらいですね。ごめんなさい。
で、後の3曲はポップステイストあふれる曲!
ソロもみんな堂々としてました。自信って大事です。
なお、酒井根中学校は翌日の「響宴」にも出演されていました。
こちらの模様は、また別記事で。

次は大津シンフォニックバンド。
何を楽しみにってここを楽しみに、ですよ!きゃあきゃあ☆
「サンダークレスト」いいですよねー。
とにかく展開が楽しくて、
先日購入した30周年記念CD収録の演奏(関西大会の特別演奏)
も何回も聴いちゃっています。
で、「たなばた」ですよ!!
今までたなばたもたくさん聴いてきましたが、
森島先生が指揮する「たなばた」の演奏が一番好きで、
こちらも何回も聴いてしまっています。
なので、何が一番楽しみかというとこれが一番楽しみなのでした。
後ほど森島先生が「たなばたはばたばたやったお」とおっしゃってましたが、
そんなことはまったくございません!
この演奏会のライブCDがもし発売されるのでしたら、
ぜひ収録してもらえたらなあ、と思うのです。
マーチ 煌-KIRA-は、元々は確か2005年課題曲の公募で
一次選考に通過した曲ですよね。
それを改作したもの・・・と記憶しております。
こちらもCDに入っていますので、気になる方は聴いてみてくださいませ。
「写楽」は、やっぱりOSBの演奏が面白い!
関東の方にもその魅力が伝われば、と思うのです。

最後は川越奏和奏友会吹奏楽団。
「吹奏楽のための組曲」は、響宴IIで演奏されたものだそうで。
新曲と思っていた私には意外なお話でした。
曲の発掘、よいことだと思います。
埋もれている曲、たくさんありますものね。

締めは大序曲「1812年」。
バンダは東北福祉大学の皆様。
バンダはトランペットとトロンボーンだけかと思いましたら、
なんとホルンとテューバも入ってました。
いすがあるので何事かと思ったのですが、
こういうことだったのですね。

アンコール代わりに、
最後にみんなで「Believe」を歌ったのでした。
途中で手を振りだす森島先生に続いて、
OSBの皆様がみんな手を振り出したのにはびっくりしました。
すごいよ先生、すごいよOSBの皆様。
そして私たちも手を振ったのでした。

終わった後はご挨拶にいったり、
写真撮影に混じろうとしたり(笑)。
楽しく過ごしました。
友人夫妻のお友達は都合により途中でお帰りになったのですが、
その方以外の皆様で帰りにお茶をしたのでした。

とても楽しい一日を過ごすことができました。
皆様、本当にありがとうございました。

|

« 第3回相愛ウィンドオーケストラ ポップスコンサート【感想】 | トップページ | ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス/土気シビックウインドオーケストラ »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

大津シンフォニックバンド」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/48121243

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本吹奏楽コンクール三年連続出場記念演奏会 第2回 "もうひとつの全国大会"【感想】:

« 第3回相愛ウィンドオーケストラ ポップスコンサート【感想】 | トップページ | ウィズ・ハート・アンド・ヴォイス/土気シビックウインドオーケストラ »