« 第59回関西吹奏楽コンクール 大学・職場・一般の部【感想】 | トップページ | 国立音楽大学 第38回 シンフォニック ウインド アンサンブル 定期演奏会 »

2009/09/13

【吹奏楽のひびき】2009.09.13 放送分 実況

こんばんは。

先ほどまで関西大会の感想を書いていたので連続です。
今日はたくさん書く日ですね。

そして「三角の山」!超胸キュン☆
実は両親が三角の山のある方に今旅行に行っています。
うらやましいです。

そういえば市民音楽教室でこの放送のお知らせするの忘れてました。
ごめんなさいNAPPさま。

後藤氏はこういう静かな曲調の曲がいいですよね。
市音の音とよくあっていてとてもすばらしいです。

いわゆる「祝祭の音楽」といっても、
少しひねりの効いた曲で、
ひねくれものの私としては結構楽しかったりします。
お祝い事、めでたいことというのは
それまでの過程を乗り越えてきているということで、
むしろこの曲はその「乗り越えてきたこと」が
主体になっているのかもしれませんね。

次は、「ダッチ・マスターズ組曲」ですね。
フェルメールといえば今京都に作品が来ていますが、
ものすごく混雑しているようなのでこれから行かれる方はご注意を。
フェルメールの絵って、全体的にこういうしっとりした曲のイメージですよね。
しかし今回のオーボエの活躍ぶりはすごいですね。
お疲れ様です。

デメイって曲の構成が整理されてていいですね。
私、こういう「構成が整理された曲」が好きなんです。
きちんと組まれているというか、とっちらかっていないというか。
そういえばさっき「饗応夫人」を聴いていたのですが、
今聴くとそんなに難解でもないんですよね。
しっかり把握すればわかりやすい。
課題曲採用当時、高校生だった私には難解すぎでしたが。
今の学生さんってもっと高度なことをやっているように思えます。
課題曲の傾向もだいぶ変わりましたね。
二極分化している感があります。

3楽章!このノリノリなところがいいんですよー。
カードゲームに興じるジェントルマンの方々が超萌え☆でした。
ラジオだとわからないんですよね。
DVDで演奏がぜひ出て欲しいものです。
実際どんなことをやっていたかというのが見られたのは、
当日会場にいた人の特権ですね。

何気にホルンおいしいですね。
こういうハモリのメロディーいいですわー。
ホルンの真骨頂はハーモニーですよ!調和ですよ!!

久しぶりに聴いて思ったのは
NAPPさまの司会っぷりがだいぶ板についてきたこと。
もうこういうスタイルが身についているのですね。
来週はゲスト回ということでどういう感じになるのか楽しみです。

ということで楽しい市音定期でした。
今回放送されなかった「ウェディング・マーチ」なども楽しいですよ。
発売されるであろうCDも聴いてみてくださいませ。

ということでエンディングの
「三角の山」が短くてしょんぼりした今日この頃でした。

|

« 第59回関西吹奏楽コンクール 大学・職場・一般の部【感想】 | トップページ | 国立音楽大学 第38回 シンフォニック ウインド アンサンブル 定期演奏会 »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽のひびき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/46203387

この記事へのトラックバック一覧です: 【吹奏楽のひびき】2009.09.13 放送分 実況:

« 第59回関西吹奏楽コンクール 大学・職場・一般の部【感想】 | トップページ | 国立音楽大学 第38回 シンフォニック ウインド アンサンブル 定期演奏会 »