« 作品の説得力 | トップページ | 元所属団体の演奏会のご案内 »

2009/04/06

小編成の需要

こんばんは。

このところ小編成をテーマとした音源集が発売され、
また楽譜も小編成のものが好まれているようです。
小編成に対する動きは以前からあったとは思うのですが、
ここにきて顕著になってきたように思います。

やはり大きな理由は少子化にあるように思いますが、
よく考えれば私が学生の頃から、
また一般バンドに入ってからも小編成や打楽器の少ない曲、
特殊打楽器の必要のない曲の需要は確実にあったわけです。
ではなぜ今顕著になってきたか。
委嘱と発表の場が増えたからでは、と個人的には思います。
委嘱といえば大きな団体が大編成でするもの、
という私の中のイメージがあるのですが、
昨今はそれだけではなくて、
小さい編成の団体の、その編成にあわせた委嘱作品も増えてきました。
同じ悩みを抱えている団体がほかにもある、となると
やっぱり心強いのですよね。
そういう気持ちが伝わるのもあって、
邦人の委嘱作が特に好まれるのかなあ、と思います。

これからどうなっていくのか楽しみです。
小編成で単独活動の幅を広げるのか、
合同で大編成を組むのか。
方向性がいろいろ考えられるだけに、
面白い方向に行くのではないのかな、と思っています。

というお話でした。

|

« 作品の説得力 | トップページ | 元所属団体の演奏会のご案内 »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽読み物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/44587449

この記事へのトラックバック一覧です: 小編成の需要:

« 作品の説得力 | トップページ | 元所属団体の演奏会のご案内 »