« その人の立場になってみないと、その人のことはわからない。 | トップページ | LOVE POP WINDS シータ »

2009/03/18

教えて! 引っ越しのエピソード

2001年3月24日のお話。

私は就職で東京に行くことになりました。
両親は荷物と一緒に車で東京に向かい、
私は新幹線で東京に向かうことになりました。

当時付き合っていた彼氏がいたのですが、
見送りに来ませんでした。

あとで話をきくと「わざと予定を入れた」と。

新幹線で泣いて過ごした私には辛い話でした。
ただその辛さや怒りも相手に伝えることをせず、
そのままにしてしまったのは私の責任。

今はもう別れてしまいましたが、
あのときに自分の気持ちを伝えていたら
関係も何か変わったのかな、と思います。




コネタマ参加中: 教えて! 引っ越しのエピソード

|

« その人の立場になってみないと、その人のことはわからない。 | トップページ | LOVE POP WINDS シータ »

日々のつれづれ」カテゴリの記事

コメント

そいえばそのタイムラグのわずかな間、差し入れを頂いていた私。
思えばそのお店もなくなってしまいましたね。
そして数年後、同じトラックで、無理を言って私もこちらへ。お世話になり。
あんときの親父さんの話に家族への愛と仕事への厳しさを学び。
時は流れ、私はあなたが行った近所の遠くに。
そして、あなたの先輩がご近所になりましたかな。
不思議なもんですわ

投稿: 東○阪ry | 2009/03/18 21:08

東○阪ry さま、コメントありがとうございます。

謎かけみたいでちょっとわからない部分があって、
私の理解力のなさを痛感しますが、
ひとまずは不思議なものだなあ、と思います。
新天地でもお元気で!

投稿: ごいんきょ | 2009/03/19 22:33

ここに引っ越してくるとき、
引越し業者の屈強な兄貴風の人たちが
自分のいない辺り(こっそりみてた)で、
「マヂ重い!」と愚痴をいいながら
CDの入ったケースをはこんでくれましたw

投稿: くらえ | 2009/03/29 15:18

くらえさま、コメントありがとうございます。

CDって意外と重いですもんね。
屈強なお兄さん方でも「重い」とおっしゃるとは・・・
ちなみに私は東京にいる間に
CDがものすごく増えました。今では天国ですhappy01

投稿: ごいんきょ | 2009/04/05 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/44390464

この記事へのトラックバック一覧です: 教えて! 引っ越しのエピソード:

« その人の立場になってみないと、その人のことはわからない。 | トップページ | LOVE POP WINDS シータ »