« 人を描くということ | トップページ | 2008年 印象に残った演奏会 »

2009/01/03

「ティンカー・ベル」を見てきました。

ということで予告通りティンカー・ベルを見てきました。

いいですね。
小さい子より大人に見てもらいたい内容です。

私自身も地味なシステム屋さんで、
華やかな職業に(なれないけど)憧れてしまうのですが、
システム屋さんは経済活動の生命線を握っている基幹業務、
なんです(誇張ではなく)。
なので、そういうことに誇りを持てればよいのかな、
と思いなおしました。

当ブログに来てくださるような方々は
みんなの憧れできらきらしていて
私は遠くから眺めているだけで、
自分と比べてしょんぼりしてしまうぐらい
素晴らしい方々がたくさんいらっしゃいます。
さすがに何年もなると慣れてはきましたが、
やっぱり私はそこらへんの1ブログ書きなので、
そうやって落ち込んでしまいます。

ですがティンカー・ベルに出てくる、
ティンカー・ベルがうらやましいと思うような才能の持ち主でも、
悩みはあるもので、
そんな風にどなたでも悩みはあるものなのかな、
となんとなく感じました。

とりあえず「ものづくり最高!」ということで。

|

« 人を描くということ | トップページ | 2008年 印象に残った演奏会 »

日々のつれづれ」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/43621920

この記事へのトラックバック一覧です: 「ティンカー・ベル」を見てきました。:

« 人を描くということ | トップページ | 2008年 印象に残った演奏会 »