« Quadruple Quartetを聴き比べ | トップページ | 第11回響宴【感想・後編】 »

2008/05/10

第11回響宴【感想・前編】

こんばんは。
今日はがんがん書きまくります!
好きなことを書くって楽しいですね。

さてさて、のびのびになっていた響宴の感想です。
もうすぐCDも発売になりますので、
参考にしていただけるとありがたいです。

今回もチケットご協力は馬笑さまになります。
いつもありがとうございます。

そして前回と同様、がくがくぶるぶるしながら会場に行きまして、
自意識過剰に緊張しているところを福田洋介氏にほぐしていただきました。
ありがとうございました。
そして高橋宏樹氏にもお世話になることに。
(馬笑さまの所在を教えていただきました。
 「僕の隣の席です」というわかりやすいお返事が。感謝です)

では感想にいってみましょう!
・ライト・オブ・ザ・ワールド/正門研一
 「エンブレムズ」の印象が強いので今回も同様のマーチかと思いましたら
 あら素敵!なオープニング向けのかっこいいマーチでした。
 「エンブレムズ」とだいぶ雰囲気変わりましたね。
 他の曲も気になるところです。

・ヴォルケーノ―吹奏楽のための行進曲/諏訪雅彦
 おとなしめの「火山」な雰囲気。
 「ウィナーズ」より音の重ねが多い印象でした。
 そういえば昨年の大河ドラマのタイトルは
 「風林火山」だったなあ、と今思い出しました。

・呼び声は空の彼方より/後藤 洋
 バンダにトランペットを二本配した編成。
 このトランペットが「呼び声」ですね。
 トランペットに導かれた美しい響きが素敵な曲でした。

・マーチ「ブランニュー・デイ」/福田洋介
 キャッチーな雰囲気のコンサートマーチですね。
 聴いていて楽しかったです。

・「オマージュ」~潤いは全てに生命を与えた~/渡部哲哉
 わかりやすい展開と構成で、聴いていて安心する曲でした。
 こういう雰囲気の曲もいいですね。

・スーホの白い馬~語りと音楽のための~/福島弘和
 情景描写にすぐれた曲と素敵な語りで、
 物語にひきこまれました。
 お話自体の登場人物はほぼ男性ですが、
 語りを担当したのは高校生の女子。
 大変だったと思います。お疲れ様でした。

・イッツ・ショータイム!/船本孝宏
 スタンダードなコンサートマーチなので、
 タイトルから受ける印象とは少し異なるかもしれませんね。
 オープニングなどにもよいかも。

・雲に架かる橋/酒井 格
 ソリストの技量でほぼ印象が決まる
 今までとはちょっと違うタイプの曲ですね。
 大人のバンドで聴けてよかったです。
 もちろんソロも良かったです♪

ということで前編終了。
つづいて後編です。お楽しみに!

|

« Quadruple Quartetを聴き比べ | トップページ | 第11回響宴【感想・後編】 »

吹奏楽」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/41161257

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回響宴【感想・前編】:

« Quadruple Quartetを聴き比べ | トップページ | 第11回響宴【感想・後編】 »