« かっすいのクリスマスコンサート 2007 | トップページ | 耳より!プレゼント&ご招待情報 »

2008/01/20

TAD ウインドシンフォニー ニューイヤーコンサート2008

こんにちは。

こちらを先に書きます。
びわ湖ホール2Days関係者の皆様申し訳ありません。

さて、今回の演奏会は
「一人で行くのは寂しい」とおっしゃる矢部さまのお誘いにより、
行くことになりました。
ので今回のこっそりスペシャルゲストは矢部さまです。
月の宴」好評発売中です(^-^)

今年の課題曲がいち早く生で聴けるということで、
数多くの学生さんが来場されていました。

今回の会場であるサンアゼリアは自衛隊の駐屯地に近いということもあって
陸上自衛隊中央音楽隊の方も来場されていました。
で、矢部さまのご紹介で陸上自衛隊中央音楽隊の方にもご挨拶しました。
このブログもご覧になったことがあるそうです。ありがたいことです(^-^)
ちなみに昨日の航空自衛隊航空中央音楽隊にも
このブログをご覧になった方がいらっしゃいました。
重ね重ねありがとうございます。

では感想に参りましょう。

今回はなつかしの名曲ばかり(+課題曲)のコンサートです。
こうやって一度に聴けるってうれしいですね。

と書きつつ今回初めて課題曲を聴いたので、
感想を書いてこうと思います。

個人的にはIとIVが好きです。
Iは定番の楽しいマーチって感じでいいですね。
やっぱりブライアンはあのブライアンな感じがします。

IVはオリエンタルな雰囲気がいいですね。
思い浮かべたのは阿部勇一氏の「大唐西域記より第一部玄奘」。
和音の響きも近いかな、と思ったり。

ちなみに課題曲III、IVのときは咳がひどくなって
ロビーで聴いていました。
まだこのとき風邪が治っていなかったのです。
演奏中のも咳をしてしまい申し訳ありませんでした。

個人的に「アルヴァマー序曲」のテンポが
どのようなテンポで演奏されるのか気になっていました。
ふたを開けてみたら超快速!
プログラムノートに「日本のバンドの演奏はテンポが速すぎて
自分の曲のように聴こえない」ということが書いてあったので
なおさらびっくりしてしまいました。

あと、個人的には「フェスティバル・バリエーション」
とタイトルがごっちゃになってしまう(すみません)
「セイントアンソニー ヴァリエーション」が聴けてよかったです。
品の良い曲ですね。

演奏終了後、みなさま楽屋に向かうとのことでしたが
私は体調不良で早めに帰ることにしました。

今回が年明け初の演奏会だったのですが、
プロのよい音が聴けて本当によかったです。

みなさま、本当にありがとうございました。

----------------------------------------
プログラム
フェスティヴァル プレリュード/A.リード
課題曲Iブライアンの休日/内藤 淳一
課題曲IIマーチ「晴天の風」/糸谷 良
マスク/F.マクベス
吹奏楽の為の組曲第一番/G.ホルスト
シンフォ二ア ノビリシマ/R.ジェイガー
課題曲IIIセリオーソ/浦田 健次郎
課題曲IV天馬の道~吹奏楽のために/片岡 寛晶
アルヴァマー序曲/J.バーンズ
セイントアンソニー ヴァリエーション/W.ヒル
----------------------------------------

|

« かっすいのクリスマスコンサート 2007 | トップページ | 耳より!プレゼント&ご招待情報 »

作曲集団「風の会」」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/17761201

この記事へのトラックバック一覧です: TAD ウインドシンフォニー ニューイヤーコンサート2008:

« かっすいのクリスマスコンサート 2007 | トップページ | 耳より!プレゼント&ご招待情報 »