« 11月よりデハスケ音源のダウンロードが開始されます! | トップページ | ブラバン!高校サッカー/なぎさブラス・スペシャル・バンド »

2007/10/24

全日本吹奏楽コンクール全国大会 三年連続出場記念 三校合同演奏会(感想)

こんばんは。
のびのびになっていた演奏会の感想を書きます。

前から気になっていたこの演奏会、
「行こうかなと計画中です(^-^)」と馬笑さまにメールしたら
「私はいけないのでチケットあげます」とお返事が来ました。
そして後日チケットが送られてきました。
ちなみにこのチケットはもともと
松陽高校の立石先生からいただいたもの。
超人気の演奏会のチケットをいただいたということで
お礼をしなくては!と思って御礼を用意して行ったのでした。
ちなみに馬笑さまと立石先生のご縁は
「松陽高校の掲示板にパクス・ロマーナベタほめ書き込み事件」
でできたそうです。素敵なお話ですね(^-^)

会場の埼玉会館は初めて行く会場でしたので、
無事にたどり着けるか心配だったのですが、
埼玉栄高校の生徒さんたちがたくさんいらっしゃるのについていったら
無事にたどりつくことができました。
埼玉栄の生徒の皆様ありがとうございます。

会場内に入ったら春日部共栄グッズの販売コーナーができていました。
そこにはDVD「春風」の先行割引販売が!
かなり買おうか迷いましたが、
前日に「関西の吹奏楽'07 Vol.2」を購入していたので、
今回はパスすることにしました。

では感想にいきましょう。
トップバッターは春日部共栄高校。
曲目は下記のとおりです。
 ・コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー(P.ウィリアムズ)
 ・ルイ・ブルジョワーの賛歌による変奏曲(C.T.スミス)
 ・三つのジャポニズム(真島俊夫)

いずれもかなり金管がかなりきつい曲で
三曲吹きとおせるか心配だったのですが、
三つのジャポニズムでは生徒さんほぼ総入れ替えの大編成で、
私の心配も吹き飛んだのでした。

ちなみにシドニーで演奏を行った際、
やはり三つのジャポニズムの受けが一番良かったそうです。
和太鼓は現地でお借りしたとか。
海外にもあるんですね、和太鼓。

次は松陽高校。
曲目は下記の通りです。
 ・森の贈り物(酒井格)
 ・科戸の鵲巣-吹奏楽のための祝典序曲(中橋愛生)
 ・4人の打楽器奏者と吹奏楽のためのコンチェルティーノ(D.R.ギリングハム)

私が鼻血吹きまくりのプログラムですね。
立石先生の曲解説にもありましたが、
「森の贈り物」も「科戸の鵲巣」も九州つながりなんですよね。
それなら「三角の山」!も!
・・ぜいたくは言ってはいけません。

それはともかくとして個人的には
「4人の打楽器奏者と吹奏楽のためのコンチェルティーノ」
が良かったと思います。ティンパニ担当の黒一点の生徒さんが印象的でした。
立石先生は海外の作曲家やアレンジ物と相性がよいような感じがしました。

さて、ここで休憩。
とりあえずお礼をもってホールの外に出たら
演奏が終わってロビーのほうに向かわれている立石先生に遭遇!
これはチャンスとばかりに話しかけてみました。
事前に馬笑さまからもお話があったようですぐにわかっていただけました。
お忙しい中ありがとうございました。

とインポッシブルなミッションも無事クリアし、
あとは演奏を楽しむだけとなりました(^-^)

休憩後は東海大付属第四高校の演奏からスタート。
プログラムは会場に来られている親御さん向けのプログラムで、
 ・幻想曲ト長調 BMV572(J.S.バッハ)
 ・歌劇「ジャンニ・スキッキ」より私の優しいお父さん(G.プッチーニ)
 ・リード楽器の楽しみ(R.トリヤール)
 ・J・POP・ヒットメドレー
 ・アメリカン・グラフィティー
と一般の方にも親しみやすいプログラムでした。

井田先生はヴァイオリンがお好きだそうで、
吹奏楽のヴァイオリンに相当するクラリネットもお好き、
とおっしゃっていたと思います。
クラリネットをフィーチャーした曲はあまりないそうなので、
「リード楽器の楽しみ」をよく演奏されるのだそうです。

ちなみに「J・POP・ヒットメドレー」とありますが、
実際は親御さんも楽しめる演歌もいっぱい(^-^)
歌あり踊りありの楽しいメドレーでしたよ。
(ジャパグラの抜粋をつなげたような感じです)

個人的には井田先生の生徒いじりが楽しかったです。

合同演奏は三年生のみの演奏。
合同演奏をするにあたってどのような編成がよいか検討したところ、
この三校を指導なさっている中村俊哉氏のご提案で
三年生での演奏となったそうです。

曲目は下記のとおり。
 ・ニューイングランド賛歌(J.ウィリアムズ)  指揮:都賀城太郎
 ・管弦楽組曲「第六の幸福をもたらす宿より」(M.アーノルド) 指揮:中村俊哉
 ・マーチ「ブルースカイ」(高木登古) 指揮:立石純也
 ・見上げてごらん夜の星を 指揮:井田重芳

「見上げてごらん夜の星を」ではホールを完全にブラックアウトさせて
一人づつ配られたサイリウムの棒を演奏にあわせて振るという
楽しい演出がありました。
演奏する側も大変だったと思います。
たまに光るカメラのフラッシュに思わず笑ってしまいました。
演奏が終わった後、会場が明るくなったら指揮者の先生が全員舞台にいらっしゃって、
とっても素敵な締めとなりました。

全体的にはそれぞれの学校の特徴が一度に見られて良かったのと、
井田先生の素敵なおちゃめさんぶり(全体の司会をなさってました)
を堪能できたのが良かったです。

当日は雨だったのですが、
会場は超満員でそれぞれの学校の人気の高さをうかがうことができました。

ということで馬笑さま、立石先生はじめ
皆様本当にありがとうございました。
とっても楽しかったです!

以上、感想でした。

|

« 11月よりデハスケ音源のダウンロードが開始されます! | トップページ | ブラバン!高校サッカー/なぎさブラス・スペシャル・バンド »

吹奏楽」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/16862342

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本吹奏楽コンクール全国大会 三年連続出場記念 三校合同演奏会(感想):

» 普門館へ! [エンターテイメント日誌 ]
10月21日(日)、全日本吹奏楽コンクール高校の部(前半および後半)を聴きに東京 [続きを読む]

受信: 2007/10/27 11:24

« 11月よりデハスケ音源のダウンロードが開始されます! | トップページ | ブラバン!高校サッカー/なぎさブラス・スペシャル・バンド »