« 「あたりまえ」の感覚 | トップページ | うれしいおしらせ »

2006/08/06

東京都一般吹奏楽コンクール 予選(一日目)

こんばんは。
航空自衛隊の感想がまだ残っていますが、
こちらを先に書いてしまいます。
矢部さま申し訳ありません・・・

ということで聴いてきました。
お手伝いで客席から離れていた時間がありますので、
私が聴いていたのは1~5、12~14となります。
こかぜさま情報提供ありがとうございました(^-^)

ということで感想です。
1.リヴィエール吹奏楽団
 自由曲で本領発揮という印象でした。
 4はやっぱり難しいですね。
 自由曲は鈴木英史氏の新曲でしたが、
 ピッコロの方がかなりいい感じだったので
 この団体で「鳳凰」も聴いてみたいな、と思いました。

2.Ikelute Wind Camp
 少人数ながら大人数の団体にひけをとらない印象でした。
 課題曲のダイナミクスが素晴らしい。
 自由曲もバンドによくあった曲でとても楽しかったです。
 勢いのある団体で個人的に今日聴いた中では出色でした。

3.三鷹市吹奏楽団
 課題曲は曲の雰囲気がよくわかる演奏でした。
 自由曲はさすが手慣れた雰囲気でした。

4.たいちばんど
 トロンボーンとバスクラが良かったです。
 自由曲はあまり聴く機会のない曲ですが、
 聴いてみて面白かったです。
 意外とないタイプの曲ですよね。隙間産業。

5.東京大学ブラスアカデミー
 室内楽的雰囲気のある課題曲を
 間奏曲風に演奏していてこういう解釈もあるんだなって思いました。
 全体的に「きっちりと仕事をこなす」演奏だったと思います。

12学習院ウインドアンサンブル
  楽しさを追求した演奏だったと思います。
  自由曲はかなり曲想の変わる曲なのですが、
  (静かな雰囲気からポップス風に、そして内藤氏風マーチ)
  それぞれ変化があって良かったと思います。
  内藤氏の曲の雰囲気が最近ツボです。

13.板橋区吹奏楽団
  自由曲は昨年TVでも話題になった曲ですが
  話題となったパフォーマンスはほぼなく元曲からのカット版でした。
  ソツのない演奏だったと思います。

14ミュゼ・ダール吹奏楽団
  今日聴いた中では一番でした。
  課題曲は地に足の着いた演奏。これは曲の影響が強いからでしょうか。
  自由曲はまず曲の感想から。
  かなりバッサリいっちゃってます。バッサリ感あふれるカットです。
  中間部はほぼ全部カット・・・するしかないんでしょうね。
  あのテンションの持続を考えると下手に細かく切れませんし。
  演奏はとにかくガンガンいこうぜですね。
  決していのちだいじにとかみんながんばれではないですね。
  でもしなとはこれぐらいの演奏の方がいいなあ、と思うのです。
  遠慮していては幸せをつかむことなんてできないんですから。
  ・・・それはともかく、この曲の演奏中に
  こっそり野中先生の後ろ姿を拝見していたのは秘密です(笑)

ということで感想でした。
参考になれば幸いです(^-^)

|

« 「あたりまえ」の感覚 | トップページ | うれしいおしらせ »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/11292259

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都一般吹奏楽コンクール 予選(一日目):

« 「あたりまえ」の感覚 | トップページ | うれしいおしらせ »