« コンクールぞくぞく | トップページ | 東京都一般吹奏楽コンクール 予選(一日目) »

2006/08/04

「あたりまえ」の感覚

こんばんは。

自分では当たり前田のクラッカー
・・・もとい当たり前のことって、
他の人にとっては当たり前ではないことがよくあります。
恥ずかしいことですが自分に絶対音感がある、
とわかったのは大学に入ってからのことでして、
自分にとってはそれが当たり前のことだから、
ということで沢山ご迷惑をおかけしてしまいました。
本当にごめんなさい。反省しております。

そんな私ですが実は楽器の練習がとても苦手でして、
うまい人を見ると「すごいなあ、いいなあ」と思いつつも
やっぱり練習しませんでした。超だめだめですね。
ただ、よく練習している人の話を聞くと
練習が好きだから、とか楽器を吹くのが好きだから、
という理由で練習しているだけで、
決して無理矢理やらされているわけではないんですよね。
なので練習が苦痛ではない。
そりゃ上手だよなあ、と納得しました。

他人にとっての当たり前を理解する、
というのは結構難しいことです。
どうしても自分では得られない感覚を理解する必要がありますし、
人にとっての基準、というものを把握しなくてはいけません。
大事なことは、やっぱり広い心と余裕なのかなって思います。
余裕がないからこそ自分の感覚を押しつけてしまう。
そうならないよう、少しずつ広い心を身につけていきたいものですね。

|

« コンクールぞくぞく | トップページ | 東京都一般吹奏楽コンクール 予選(一日目) »

吹奏楽」カテゴリの記事

日々のつれづれ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/11269397

この記事へのトラックバック一覧です: 「あたりまえ」の感覚:

« コンクールぞくぞく | トップページ | 東京都一般吹奏楽コンクール 予選(一日目) »