« 大人のシンフォニックポップス | トップページ | 川越奏和奏友会吹奏楽団 第30回記念定期演奏会 »

2006/05/28

吹奏楽の旅「Mi-na-to」編

こんばんは。
いろいろとたまってきているのでがしがしと更新したいと思います。
ということで今回は吹奏楽の旅「Mi-na-to」編です。
ゲストは以前もお伝えしたとおり、
着メロ投稿サイト「J研」で活躍中のしげを氏です。
「Mi-na-to」の回ですがメインのシチュエーションはなく、
大学時代からとてもよくしていただいている友人の関係です。
もう知り合ってから10年近くになります。
なぜ「Mi-na-to」なのかは後ほど出てきますよ。

丁度ゴールデンウィーク中に二人とも予定がない日がありまして、
それなら会おうと誘ってみたところ、快諾をいただきました☆
広島までなら車が出せるということなので、
(しげを氏は山口県在住です)
広島まで新幹線で向かうことになりました。
お天気はとってもいい天気で、過ごしやすい気候。
明石海峡大橋もばっちり見えましたよ。
(「雲に架かる橋」、ですね☆)
わくわくうきうきしつつ広島に向かったのでした。

広島について無事しげを氏とも再会。
会うのは「秋の平安京」の時以来です。
相変わらずの華やかっぷりがたまりません。

さてさて、今回は私の希望で宮島に連れていってもらいます。
宮島といえば厳島神社。大きい神社好きとしてはたまりません。
なんともスピリチュアルな感じですね。
デュアルスピリチュアルパ(略)
・・・そんなことはいいのですが、とにかく宮島へと向かいます。
この日は丁度市内でフラワーフェスティバルをやっていたそうで、
にぎやかな中心部を眺めつつ一路宮島へ。
初めは流れもよく、すいすいと車を走らせていたのですが、
宮島へと向かう道に入るとだんだんと混雑してきました。
皆様目的地は同じようです。
とりあえず車内では「ポロヌプやりたい」とか
「Mi-na-toのドラムセットが格好いい」とか
そんなことを話していて退屈はしなかったのですが、
この日は日帰りということもあってあまりのんびりはできなかったので、
途中で車を止めて市電で宮島へと向かう事にしました。

車を止めるのもまた一苦労で、
ようやく空きを見つけて即駐車。
最寄りの駅から市電に乗ります。
市電は窓が広くて眺めがとてもいいです。
広電といえばこれだそうです。(伝聞)
ぶらり広電の旅もほんのわずかで、
無事に宮島口へと到着したのでした。

宮島へはここからフェリーに乗って約十分。
ほんのり船の旅です。
「Mi-na-to」の港はどこでもよいそうなので、
では、ということで今回のタイトルとなりました。
あ、あと車内で「響宴IV」のCDを聴いていたからというのもあります☆

いざ船に乗り込み、船の後方の席に陣取ります。
船の中は思ったよりも広くて、席にもゆったり座ることが出来ました。
さわやかな風に吹かれつつささやかな船の旅を楽しみ、
宮島へと向かったのでした。

宮島に到着し、まずは参道を散策。
宮島といえば鹿。鹿といえば「大仏とし(略)」
・・・それはともかくとして、奈良の鹿とはひと味違ったワイルドな鹿さんが
参拝客を出迎えて下さいます。
フランス映画のようにアンニュイな鹿さんたちを眺めつつ、
参道の奥へと歩いていきます。
奥にはいると道の両脇にお店が建ち並び、
もみじまんじゅうや牡蠣やらおいしそうなものが売られています。
それにつられて焼き牡蠣を買って食べ、
しげを氏の希望であげもみじ(もみじまんじゅうをあげたもの)も買います。
どちらもとってもおいしかったです。
ちなみにあげもみじはあんこがおすすめだそうです。

そうこうしているうちにとうとう厳島神社へと到着!
はやる気持ちを抑えつつ奥へと向かいます。
朱塗りの本殿が非常に美しい。
長い廊下を歩いてつきあたると、
そこは有名な鳥居が見える舞台になっていました。
下に降りて海に入っている人もいたり、
鳥居の写真を撮ったりする人もいたり。
思い思いに神社を楽しんでいたのでした。
私も記念に写メ撮ったり、
おみやげ(しゃもじ:実家用、お守り:自分用)を買ったりしました。

奥に抜けてしまうとあとは水族館へと向かう道になります。
とりあえず水族館の前まで向かい、
なんとなくそこで休憩。
いろんな方に聞かせていただいたいろんなお話を聞いて貰ったのでした。
普段なかなかそういう話をする機会がないので、
沢山お話しできてとても嬉しかったです。
しげを氏ありがとう(^-^)

ひとしきりお話をしたあと、また港の方へと向かいます。
途中であなごめしのおにぎりを買って広場に行き、
(ごはんまったく食べてなかったのです)
鹿さんたちに見守られつつ食べたのでした。

帰りもまたフェリーに乗り、
もとの宮島口へと向かいます。
宮島口に着いた後はお土産やさんを回って、
また駅へと向かい、車のある場所まで戻ったのでした。

このころにあるともう道路もすいていて、
気持ちよく走ることができます。
どうやら普段とは違った道に入ったらしく
(なにげに海辺の道)
しげを氏もちょっと不安だったようですが、
無事に広島市内へと入ることができました。

市内に入って車を停めて、
夕食を食べるお店を探すことにしました。
その前にヤマハに入って吹奏楽コーナーでお話をしたり、
休憩がてらお茶をしたりしてるうちに、
夜もとっぷりくれてしまいました。

「つけめんのお店に行こう」ということで、
いろいろ探してみたのですがなかなか見つかりません。
駅で探そうかという話をしていたときに、
漸く駐車場の近くて見つけることが出来ました。

お店に入ってつけめん注文。
つけめんって、とっても辛いのですね。
とってもひりひりしてしまいました。

つけめんをおいしくいただいた後、いざ駅へと向かいます。
広島駅で見送って貰い、
無事に新幹線に乗ることができたのでした。
帰りも、ライトアップされた明石海峡大橋を見ることができましたよ。
前々から見たかったの見られてよかったです。

ということで今回は久しぶりの吹奏楽の旅でした。
しげを氏、本当にありがとうございました!

|

« 大人のシンフォニックポップス | トップページ | 川越奏和奏友会吹奏楽団 第30回記念定期演奏会 »

吹奏楽」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

龍谷大学吹奏楽部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/10281470

この記事へのトラックバック一覧です: 吹奏楽の旅「Mi-na-to」編:

« 大人のシンフォニックポップス | トップページ | 川越奏和奏友会吹奏楽団 第30回記念定期演奏会 »