« 第9回響宴(行動録) | トップページ | 第5回 NECチャリティコンサート »

2006/03/19

第9回響宴(曲感想)

こんばんは。
今日は横ブラの演奏会に行って来ました。
演奏会良かったです☆これは後ほど。
そしてCDも買いましたよ!これもおすすめ☆
これについても後ほど。

ということでのびのびになっていた響宴の感想ですね。
いきます!

・Infinito Fervore
 非常にさわやかで明るく親しみやすいマーチ。
 かつ格好いいです!かなりおすすめ。
 阿部氏の今までの響宴出品作の中では一番好きです。
 
・吹奏楽のための「風の身振り」
 こういう曲調はかなり好きです。
 現代っぽいのですがそれにとどまらないところがよいです。

・相授譚~相模原民話傳説「大猫ばやし」による~
 コンクールではカット版ですがこちらは全曲版ですね。
 私も「たま」ちゃんと同じく吹奏楽っ子な皆様を励ますために
 夜な夜なブログを書いているわけですが(笑)、
 そんな暖かい気持ちが伝わる曲でした。
 長生氏っぽくないところが好きです。

・美しき二つの翼
 元はサックスとフルートとピアノのための曲で、
 東京佼成ウインドオーケストラの田中靖人氏と前田綾子氏の
 結婚披露で演奏された曲だそうです。

 「比翼連理」という言葉があります。
 下記慣用句辞典から引用させていただきます。
 ・比翼連理(ひよくれんり) 「比翼」は「比翼の鳥」の、「連理」は「連理の枝」の略。
  男女が仲睦(むつ)まじいことの喩え。男女の深い契り。 

-------下記参照
 ・比翼の契り(ひよくのちぎり) 
 「比翼」は、雌雄がそれぞれ目を一つずつ持ち、
 翼がくっ付いているという中国の想像上の鳥のこと。
 その鳥が交わす約束という意味から、夫婦の契りのこと。
 夫婦が固く結ばれている様子。
 ・比翼の鳥(ひよくのとり) 
 中国の空想上の鳥で、雌雄各一目一翼、常に一体となって飛ぶというもの。
 男女の契りが深いことの喩えに用いる。
-------

つまり、タイトルの「美しき二つの翼」というのは比翼連理のことをさしている、
と思うのです。(あくまで個人的な考え)
「連理」は、越中幻想でも出てきましたね。
からくり人形にそういう名前の人形がありました。

・・・と、説明が長くなりましたが曲ですね。
真島氏らしいポップス調で非常に耳なじみのよい曲。
かつ大人な雰囲気です。
ゲストの阿野氏のドラムも素晴らしかったです。

・Symphonic Fragment
 話題になっていたので気になっていたのですが難解ではない曲でしたね。
 中学校の委嘱曲なのではり理解しやすい曲調を意識されたのでしょうか。
 解説には「オーケストレーションは薄め」とありましたが
 私は音について太い印象を受けました。(悪い意味ではなく)

・音楽と朗読でつづる「あのとき すきになったよ」
 昨年末に続いて二回目を聴かせていただきました。
 今回は朗読のテキストがなかったので、
 おはなしを知らない方はより深く朗読に入り込めたのではないでしょうか。
 おはなしを知っていると朗読の水野氏の素晴らしさがわかるのですよね。
 作曲者の飯島氏のピアノも良かったです。解説も。

・吹奏楽のための風景詩「陽が昇るとき」より第一詩、「衝動」
 「陽が昇るとき」ですから夜明け、つまり夜が一番深いとき。
 ということで高氏の曲の雰囲気に合ったタイトルですね。
 私は高氏の曲の深さが好きなのですが、
 この曲もその深さがいかんなく発揮されていて良かったです。
 他の楽章も聴きたいです。

・科戸の鵲巣 -吹奏楽のための祝典序曲 
 昨年の田村氏の曲解説に興味を示されていたので
 もっと難しい曲解説を書かれるのかと思っていたのですが
 そうではなかったですね。ちょっと意外でした。
 で、曲ですね。
 演奏人数は多ければ多いほどいいそうなので(理想は3000人ぐらい)
 3000人の吹奏楽(in大阪ドーム)で演奏、とかいかがでしょう?
 マーチングのパーカッション、合うと思います。
 それはともかくとして現代音楽的要素もありつつ「聴きやすい」曲。
 かつお祝いの曲ですので華やかです。
 私は曲に日本の古代的雰囲気を感じました。
 ・・・ほのぼの曲解説はまた後ほど(どんぶりもあるよ!)。

・「ラクリメ、または涙」
 コンクールの派手な路線とは逆行した雰囲気を意識して作曲された曲。
 このような曲が聴けるのも響宴の醍醐味ですね。
 落ち着いた曲調が好みです。

ということで気になった曲について書いてみました。

来年は10回記念ということで委嘱作10曲、
かつ昼・夜公演とかなり力の入った開催となるそうです。
とっても楽しみですね。

ということで遅くなりましたが響宴の感想でした。

|

« 第9回響宴(行動録) | トップページ | 第5回 NECチャリティコンサート »

吹奏楽」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

響宴行きたかったです。。。
今回は、残念ながら仕事の都合で行けなかったのですが、次回は是非!!

投稿: こじこじ | 2006/03/21 14:15

こじこじさま、コメントありがとうございます。

響宴はコアな吹奏楽っ子のお祭りなので
興味を持っていただけるかわかりませんが、
聴きに行かれることをおすすめします。

にしてもHPのリンク先は・・・
私のお恥ずかしい姿が!
お知らせありがとうございます。

とても恥ずかしいのでサイドバーのリンク集にはリンクしないことにいたします。
申し訳ありません。

投稿: ごいんきょ | 2006/03/22 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/9162817

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回響宴(曲感想):

« 第9回響宴(行動録) | トップページ | 第5回 NECチャリティコンサート »