« 曲の構成 | トップページ | ごめんなさい! »

2006/02/13

音の必要性

こんばんは。
お薬を飲んで一日寝ていたら風邪はなんとか治りました。
明日からは元気に過ごせそうです。
皆様もお風邪には十分気を付けてくださいね。

今日のお話。
楽譜に書いてある音についてのお話ですね。
私はホルン吹きなのですが、
ホルンは高音を求められることが多いです。
目立ちますし格好いいですもんね。
ですが私はとっても高音が苦手です・・・(泣)
だから下吹きというわけではないのですが。
(総合的に考えると下吹きの方が向いている、ということです)

で、やはり楽譜に書いてある音が出せないと
申し訳なく思ったりしちゃいます。
「なら練習すればいい」という結論はもっともなのですが、
どうも練習する気が起こらなかったので
今こうやってブログを書いているわけです。
文章はいくらでも上達しようという気があるんですけどねえ。
不思議ですねえ。

そんな自分語りはともかくとして、
奏者自身の問題以外にも求められている音を出すことができない場合、
というものがあります。
一番わかりやすい例でいうと打楽器ですね。
楽器そのものがない、もしくは奏者が足りない。
なので泣く泣く削ることがよくあります。

演奏者としてもやはり削るのは心苦しいですので、
曲を探すときでも「打楽器をあまり沢山使わないもの」
を前提として探すことがあります。
私は打楽器大好きっ子なので寂しいことではありますが、
無い袖は振れないのでここぞとばかり探してしまいます。
そういう条件にこそ燃える、というのもあるんですけどね。
何事も創意工夫ですから☆

そういえば「打楽器が少なくて格好いい曲」
という条件で曲を探して欲しい、というお話があったとき、
まず最初に思い浮かんだのは「ラメセスII世」でした。
この曲、打楽器4種類しかないんです。鍵盤楽器すらありません。
なので出してみたのですが、
やっぱり難しいので却下になりました。
ニーズにあう曲を探すのって難しいですね☆

最初の標題とはなんかはずれたような・・・
まあいいや☆ということでお許し下さいませ。

|

« 曲の構成 | トップページ | ごめんなさい! »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽読み物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/8643737

この記事へのトラックバック一覧です: 音の必要性:

« 曲の構成 | トップページ | ごめんなさい! »