« いなほの旅(一日目・前編) | トップページ | いなほの旅(一日目・後編) »

2006/02/05

いなほの旅(一日目・中編)

前回までのあらすじ:
日頃の疲れを癒しに鶴岡&湯野浜温泉に旅行にきたごいんきょ。
「とき」と「いなほ」を使いたどり着いた先は鶴岡。
例年よりも積雪量がアップしている鶴岡で何かが起こる!(多分)

駅からの交通手段。
基本的に私は徒歩です。
幼い頃より歩くのだけは鍛えられてきたので、
歩くのは全く苦になりません。
なので今回も徒歩で最初の目的地
鶴岡カトリック教会天主堂」に向かうことにしました。
駅からはそれなりに距離があります。

さてさて、今年は記録的な大雪の年。
当然ながら北国である山形も雪が積もってます。
ということは、道が平坦ではない。
(何せ雪かきが追いつかないぐらいだったようなので・・・)
かつ寒い。
私はこの二点を完全に考えてませんでした。
・・・つまりは、普段より体力を大幅に消耗することに
気がついていなかったのです。

そんな事をまったく考えていない私。
「わーい、雪だー☆「雪の街(野村正憲氏の曲)」って感じ☆」
と多分に暢気なことしか考えてません。
なので自分がどこにいるかわからなくても何とかなるや、
と思いずんずん進んでいきます。
途中で商店街らしきところにたどりつき、
街のコミュニティプラザのようなところで漸く市内の地図をゲット。
地図を元に目的地へと進みます。

ヨーカンマダム並のようかんフェチ・・・
いえいえ、ヨーカンマダムのヨーカンは羊羹の方ですね、
そっちも好きですが(特に舟和の芋羊羹)洋館フェチでもある私にとって、
鶴岡はかなりうはうはな街です。
何せ白い洋館が沢山ありますからね。もうたまりません。
ということで最初の目的地にたどり着いたのでした。

教会の横には幼稚園があります。
何となく入るのをためらってしまいます。
ですが勇気をふりしぼって敷地内へと入ってみました。
目の前には私のハートを鷲掴みな洋館が!
中に入ろうと思ってもじもじしていたら
「こんにちはー」とご挨拶をされて地元の方が教会内に入ってきました。
・・・結局中まで入る勇気が出ず、
外を眺めてそのまま帰ったのでした。

それからとりあえず致道博物館に行こうと思い、
鶴岡公園へと向かいました。
途中、致道館を見学し、そして大宝館の前を通ります。
そして目的の致道博物館にたどり着いたのですが・・・
そのころにはもう体力がなくどこに行く気力もなくなってしまいました。
なので、予定よりも早いのですが宿に向かうことにしました。
湯野浜温泉行きのバスはあまり本数がないので、
一度のがしてしまうとかなり待たないといけないのです。
ちょうど近くにバス停があったので、
バスが来るまでそこで待つことにしました。

思ったより分量が多くなってきていますね。
ということで次こそ湯野浜温泉です。

|

« いなほの旅(一日目・前編) | トップページ | いなほの旅(一日目・後編) »

旅行」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/8507799

この記事へのトラックバック一覧です: いなほの旅(一日目・中編):

« いなほの旅(一日目・前編) | トップページ | いなほの旅(一日目・後編) »