« 演じること | トップページ | 購入可能? »

2006/02/26

越中幻想(1日目・前編)

こんばんは。
今日は越中幻想の続きです。
前回の記事はこちらをご参照下さいませ。

次の日、長兄は一旦家に戻ってから会場に行くと言うことで、
先に出発をしました。
私は電車の時刻まで時間があったので、
微妙に二日酔いでふらつきつつお洗濯をしました。
この日はとってもよいお天気ですがすがしかったです(^-^)

さて、そろそろ時間になったので出発です。
ちょっと早めに出て東京駅でお買い物。
うろうろしていたら試供品の野菜ジュースをもらいました。
うれしいですね。うふふ☆
今回、電車に乗る時間が丁度お昼の時間帯だったので、
駅弁を買うことにしました。

季節ものが好きな私は季節の吹き寄せ弁当を買うのが好きなのですが、
冬の分はすでに食べちゃっていたので別のを買うことにしました。
ということで今回は「幸福弁当」です。
幸せやって来い来い☆

時間になったので新幹線のホームへ。
富山へはまず「とき」に乗って越後湯沢に行き、
そこから「はくたか」に乗り換えて行きます。
今回乗る「とき(正確にはMaxとき」ですね)」は二階建て。
「いなほの旅」のときは二階にだったのですが、
今回は一階に乗ることになりました。
二階は景色がよく見えるので人気なんです。
でも一階もおもしろいですよ!
ふと窓の外を見ると、ホームの下が見えるんです。
眺めていると自転車に乗った保線の人(多分)が!
・・・ホームの下は通路と倉庫になってるんですよ。
保線の人だけでなくワゴンサービス担当らしきお姉さんも歩いてました。
裏側を見た気分でおもしろいですね☆

そんなのんびりとした感じで出発し、
まずは越後湯沢へと向かいます。
新幹線の車内にはなぜかビジュアル系なお姉さんがたくさんいました。
新潟でライブがあったのでしょうか?
追っかけってやつですね☆(私も同類)

さてさて、越後湯沢に着いたあとは乗り換え。
はくたか号に乗ります。
ほくほく線ですね☆
これに乗って富山まで行きます。
越後湯沢は雪が多くて大変。
ライブなので珍しくスカートをはいていったのですが
(旅行はいつも動きやすい格好で行きます)
やっぱりスカートだと微妙に寒かったです。

山や海を眺めつつ、一路富山へ。
海側に出ると雪もなくなりますね。
越後湯沢ではあんなに積もっていた雪が
富山ではほとんどなくなっていました。

そんなこんなで富山に到着。
兄と合流するまでに多少時間があるので、
先にホテルにチェックインします。
ホテルまで多少距離があるので地図を眺めつつ歩いていたら、
ホールにかかっている横断幕に
「龍谷富山高校吹奏楽部定期演奏会」の文字が!
丁度この日が本番だったようです。
時間はどう考えても行くのは無理な時間なので、
せめて曲目だけでも知りたいと思いホールに寄り道したのでした。
・・・結局ポスターもなくてわからなかったんですけどね。
何を演奏されたのでしょうね☆

ホールから出た後、ひたすら歩いてホテルへ。
すると無事に着きました。
チェックインをし、今日泊まるお部屋に向かいました。
お部屋に入って窓の外を見ると立山連峰が見えます!
連峰なので三角じゃないですね。山。
・・・そんなことはともかく、すぐ近くにはお寺も見えます。
うきうきしながら外を眺めていたのでした。

そんなこんなでだらだらとしていると長兄から電話が。
どうやら到着したようです。
待ち合わせの場所を決めて、そこで合流することにしました。

次回予告:
越中幻想(1日目・後編)
 ライブと鱈の白子を堪能しまくるごいんきょ兄妹。
 ライブ後に二人が見たものは・・・?
おたのしみにー☆

|

« 演じること | トップページ | 購入可能? »

旅行」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/8851092

この記事へのトラックバック一覧です: 越中幻想(1日目・前編):

« 演じること | トップページ | 購入可能? »