« あけましておめでとうございます | トップページ | のだめカンタービレ14巻 »

2006/01/13

歓びを歌にのせて

こんばんは。
ずいぶんご無沙汰をしてしまいました。
申し訳ありません。
お仕事が一段落ついたので更新です☆

今日は映画ネタ。
吹奏楽ではなく合唱です。音楽つながりですね☆
ということで「歓びを歌にのせて」の感想です。
結構ネタばれがあるので見に行くつもりの方は
見終わってからお読みになることをおすすめします。
(「続きを読む」設定ができないのでこのままベタ書きします)

「全日本合唱連盟」も協力のこの映画。
舞台はスウェーデンの片田舎。
ひたすら音楽のみに生きてきた指揮者が本番中に倒れたのをきっかけに
幼少時代を過ごした土地に戻ったところからお話がはじまります。
主人公がこの町の聖歌隊を指揮することになるんですね。

さてさて、この聖歌隊ですが・・・
職業も年齢もさまざまなので練習するにも一苦労。
あんなことやこんなことがあるんですよこれがまた。
誇張はされているものの一般のサークルや楽団ではよくある風景。
「うんうん、そんなこともあったねえ」といろいろ思い出してしまいます。

でもって、この指揮者が来てから町や人に変化が起きるのですが、
その変化にとまどう男性達の弱さ、というものを強く感じました。
弱さを受け止めてくれる人がいても、
弱さを指摘してくれる人がいても、
なかなか素直になれないものなんですねー。
変化をもたらす指揮者自身にも伴侶がいないこと、
というのが弱みになっていますし。
なかなか難しいところですね☆
私としては、
ヒロインにひがむ聖歌隊のリーダーの気持ちがよくわかりました(苦笑)
女性もなかなか素直になれないもんですね。むふふ☆

さてさて、この映画ですが実は合唱の本番シーンは結構少な目。
でも練習シーンはいろいろおもしろいことをやっていて
見ていて楽しいです。
純粋に音楽を楽しんでいる姿ほど嬉しいものはないですね(*^-^*)

あと特筆すべきはヒロイン(レナ)頑張りすぎ!
いろんなところでサービスしてます。
どきどきしちゃいますよもう!
えーと、ちょっと大人テイストなので
小さいお友達は見ない方がいいかもしれません。
・・・前回も今回もこんな感じって(苦笑)

こんなことばっかりというのも何なので映像も!
風景が非常に綺麗です。
川のシーンとラストの方の建物(会場)はとても綺麗ですよ!
これだけでも一見の価値有りです。

ということで興味を持たれた方は是非見に行って下さいね(*^-^*)

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | のだめカンタービレ14巻 »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

地味だけど心に残る素敵な作品でしたね。ガブリエラの歌声が胸に沁みて涙が止まりませんでした。Tb失礼しますね。

投稿: あん | 2006/01/14 09:54

あんさま、コメントとTBありがとうございます!
ガブリエラの歌声、本当に良かったですね。
歌に入る導入も良かったです。
こちらからもTBいたしました!

音楽ものの映画記事というと
「この胸いっぱいの愛を」もあります(^-^)
http://coral-b.tea-nifty.com/ver2/2005/11/post_5016.html
よろしければお読み下さいませ☆

投稿: ごいんきょ | 2006/01/18 21:16

TBありがとうございました。
僕もトランペットとか演るので、皆が合わせるという部分の難しさに共感しました。レナ、確かに頑張りすぎですね(笑)。ちょっとレニー・ゼルウィガーを思い出しました。

投稿: yanks | 2006/01/31 07:21

yanks さま、コメントありがとうございます。

こちらこそTBありがとうございました!

トランペットをなさるのですね!
素敵です~
ここの他の記事のお話ももしかしたらおわかりになるのでしょうか。

確かに他と合わせるのは難しいですね。
でも難しいからこそ合わせる喜びもあるのだと思うとちょっとがんばれちゃいますね。
それこそが合奏の醍醐味なのかなあ、と思ったりしちゃいます(^-^)

投稿: ごいんきょ | 2006/01/31 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40365/8146025

この記事へのトラックバック一覧です: 歓びを歌にのせて:

» ★「歓びを歌にのせて」 [ひらりん的映画ブログ]
2004年のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。 ドイツかと思ってたら、スウェーデンでした。 [続きを読む]

受信: 2006/01/13 23:57

» 歓びを歌にのせて [あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ]
私の人生は今こそ私のもの      生きている歓びを心から感じたい ガブリエラの歌声が今も耳に残っています{/onpu/} 役柄と声質と歌詞が見事にマッチングして胸をうたれました。 涙が止めなく流れました {/face_naki/} あまり馴染みのないスウエーデン映画です。 ダニエル・ダレウスは世界的な指揮者として成功したけれど 病を得て、少年時代をすごした小さな村に帰って来た。 そこで�... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 09:53

» 歓びを歌にのせて(映画館) [ひるめし。]
心に響け!天使の歌声 CAST:ミカエル・ニュクビスト/フリーダ・ハルグレン/ヘレン・ヒョホルム/レナート・ヤーケル 他 ■スウェーデン産 132分 2006年の最初の映画館で観た映画はこの作品です〜。本作はスウェーデンでは5人に1人は観た大ヒット作品らしい。「コーラス」でもそんなこと言ってたような・・・。 もっと感動するかと思ったらそうでもなかったな・・・。期待しすぎたのかな? う〜ん・・�... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 12:57

» 『歓びを歌にのせて』 [映像と音は言葉にできないけれど]
久しぶりの劇場でのスウェーデン映画です。 渋谷とか池袋あたりでイングリッド・チューリンとか(東京出身の)リブ・ウルマンが出てくる映画をよく観てましたから、なんかそれ以来という感じです。『叫びとささやき』なんてたまりませんよね。... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 17:52

» 歌だけで観る価値あり〜「歓びは歌にのせて」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 独立系の映画を上映している個性的なシネコン「京都シネマ」(四条烏丸)へ久しぶりに行った。観た映画「歓びは歌にのせて」(ケイ・ポラック監督)の醍醐味は、圧倒的な歌声、音楽の力そのものだと思う。傷ついた合唱隊の指揮者ダニエルを励ますために、自然発生的に歌わ....... [続きを読む]

受信: 2006/01/22 22:17

» 『歓びを歌にのせて』 [映像と音は言葉にできないけれど]
久しぶりの劇場でのスウェーデン映画です。 渋谷とか池袋あたりでイングリッド・チューリンとか(東京出身の)リブ・ウルマンが出てくる映画をよく観てましたから、なんかそれ以来という感じです。『叫びとささやき』なんてたまりませんよね。... [続きを読む]

受信: 2006/01/31 07:19

» 歓びを歌にのせて [シネクリシェ]
 世界的な大指揮者としての名声を博した主人公が、心臓疾患を患ったことをきっかけに、故郷に隠遁するが、ふとしたきっかけでその地で活動している聖 [続きを読む]

受信: 2006/02/05 13:17

» 「歓びを歌にのせて」 [don't worry!な毎日]
 これでもかこれでもか、人間の感情が、言葉や暴力になって スクリーンの中でほとばしる。  酔っ払って、卑しい妄想を抱き、暴力を振るう夫に耐えかねる女性。 障害をもつ男の子をばかにしたり、小さな頃から同級生を言葉でじいめて、 そうやって人を下に見ることで自分を支えてきたような男性。 尊敬を集めたいがばかりに自分自身を抑圧し、 ついには嫉妬でいっぱいになり、職務さえもおろそかにする牧師。 歌を楽しむことにめざめることで、自分の中の欲求に気がつく牧師の妻。 かつてリーダーとしてオーラス... [続きを読む]

受信: 2006/02/07 14:45

» 歓びを歌にのせて(2004) -Så som i himmelen - [Chic & Sweet  びいず・びい]
ゆったりとたおやか、穏やかで優しい北欧の薫りただよう素敵な作品。 癒されます。見終わって静かな充足感でミタされます。 天才指揮者として名声を得、多忙な日々を送っていたダニエル(ミカエル・ニュクビスト)。 しかしある日のコンサートの直後、突然意識を失い倒れてしまう。すでに心臓はボロボロ。治療の施しようがないとの診断だった。彼は残された余生を故郷の小さな村で過ごそうと決め、廃校となった小学校を買い取り移り住む。ところがそんな彼に、村の「聖歌隊」の指導をして欲しいという話が持ちかけられた・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006/02/08 17:33

» 歓びを歌にのせて [スウェーデン不定期通信でした。]
見てきました! ようやく、見てきました! 感想を書く前に、映画の基本情報を。 と思ったけど、散々前にもこのブログで書いたし、 ネットで調べればいっぱい出てくるので、そっちで見てください(笑)。 去年のヨーテボリ映画祭で見たときのブログ。 2005/02/05のブログ その時の感想は、(以下抜粋) 去年スウェーデンで最もはやった映画らしいです。 もちろんスウェーデン語、もちろん字幕なし。 知ってる単語を�... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 01:09

« あけましておめでとうございます | トップページ | のだめカンタービレ14巻 »