« この胸いっぱいの愛を | トップページ | 関西の吹奏楽2005 »

2005/11/07

蠍座のイメージ

こんばんは。

今月は蠍座強化月間なので蠍座のお話です。
今回は曲について。
蠍座の曲でまず思い出すのはみなさまご存じのあの曲、
お気のすむまで笑っていただいたり
蠍の毒は後で効いたりするあの曲ですね☆
私はまさしくその「さそり座の女」だったりするわけですが(泣)
それはともかくとして、ここは吹奏楽ブログなので吹奏楽にも触れますよ。
吹奏楽にもまさしくそのまんまのタイトルの「蠍座」という曲があるんです。
櫛田てつ之扶氏の曲ですね。
氏の作品集「飛鳥」に収録されてます。
「蠍座」は「組曲「星へのきざはし」第1部」の中の二曲目になります。
ちなみに、このCDにはしげをさまとの京都小旅行記事のタイトルの元ネタ
「秋の平安京」も収録されていますよ。
でもって、この記事で登場する「石の庭」も櫛田氏の曲です。
(情報提供:しげをさま。ありがとう☆)
このCD、他には懐かしの課題曲「雲のコラージュ」も収録されてますね。
あの五線しかない楽譜を思い出しますねえ。
(当時オーボエだったので。
初心者だったのでコンクールには出なかったのですが。
ちなみに所属団体(高校)でやったのは「ベリーを摘んだらダンスにしよう」でした)

話がそれましたがさてその「蠍座」。
どんな曲かというと・・・激しいです。
いやあなんというかもう。
一曲目も三曲目もわりとまったりな感じなので、
余計に激しさが際だちます。

・・・蠍座って、そんなイメージなんですかねえ。
と、ちょっと考えてしまいます。
でも、ネタにしてもらえるのはありがたいことですよね☆
と前向きに考えちゃいます。むふふ。
「惑星」の曲解説で必ず触れられる冥王星も、
蠍座の支配星ですしね。

ちなみに、この曲は着うたダウンロードサイト
BRASSBAND CLUBでダウンロードできますよ。
興味がある方は是非どうぞ~
(「邦人」をクリックしてくださいね☆)

|

« この胸いっぱいの愛を | トップページ | 関西の吹奏楽2005 »

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽読み物」カテゴリの記事

着メロ・着うた」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事