« 全日本吹奏楽コンクール・高校の部(旅情編・一日目) | トップページ | 東京佼成ウィンドオーケストラ第86回定期演奏会 »

2005/10/10

全日本吹奏楽コンクール・高校の部(旅情編・二日目)

二日目。新しい朝ですね。希望の朝。
・・・なんですが、どうも隣のお部屋から壁にぶつかる音が・・・
いかぴさま側の壁でした。すみません・・・

ということで二日目。天気は快晴。
私は相変わらず朝が早いです(苦笑)
支度をしてお食事。バイキングではなく定食。
だって「安くて会場に近いところ♪」ですから。
お食事の後は、ネットの噂を鵜呑みにしてお昼ご飯を調達しにコンビニへ。
おにぎりを購入してお昼に備えたのでした。
お宿に戻った後はチェックアウトをしてタクシーで会場へ。
駅に出ると遠回りになるのです。
さすが名古屋は道が広いですね。渋滞もなく到着しました。
会場には豪華朝食を召された馬笑さま&高橋宏樹さまが既に到着されていました。

馬笑さまのご案内で会場に入ると既にたくさんの人が!
そしてすぐ近くには超人気作曲家・天野正道氏が!!
初めてお会いしました。どきどき。
佐藤俊介くんにもお会いしました。
佐藤くんとはNAPPさま主催の寄り合い以来ですね。
覚えていただいてお姉さんはとても嬉しいです。

会場内はかなり混雑していて、
席を確保するのも一苦労。
招待席は既に埋まっているとのことでしたので、
自由席の空席を求めて三階へと向かいました。
こちらもかなり混雑していて空席もあまりありません。
なんとか席を探して座りました。

前半の演奏が終わり、表彰式へ。
馬笑さま&高橋さまは発表を聞かずに昼食をとりにいかれました。
いかぴさまと私は結果待ち。
三階には「笑っコラえて」取材高校が複数いらっしゃいます。
私もその近くにいました。
結果発表が終わり、全員一旦退出となりました。
私は発表のときにボールペンのふたを落としてしまったので探していたのですが、
見つからず、あきらめて退出することに。

退出した後、再度列に並んで後半の入場待ちです。
そこにも天野氏が!!
・・・どきどきしますねえ。
さすがに列に割り込むわけにもいかないので、
いかぴさまと私は後ろに並びなおしです。

入場した後いろいろごたごたありましたが、
音がよく聞こえる三階に席をとりました。
前には「バンドジャーナル」編集部の方、
後ろにはオリタ・ノボッタ氏が!
・・・なんて贅沢なんでしょう。
席が無事にとれた後、ロビーにて昼食をとりました。
全国大会はなかなかハードですねえ。

昼食後、後半の部開始。
どこの団体かは失念しましたが「ディオニソスの祭り」の演奏の後、
高橋さまが一言「ディオニソスの祭りってどんな祭りなんですかねー」
以下会話(だいたいこんなニュアンス、ということで)
私「ディオニソスはお酒の神様としか知らないんですけど・・・」
高「祭り、血でてますよねー」
私「酒飲んで酔っ払って喧嘩とかしてるんじゃないですかー」
・・・これではあんまりなので調べてみました。
ここをご参照くださいね。
・・・確かに血、出てますね。

そんなこんなで後半も終了。
私以外のお三方は帰りを急ぐため結果を聞かずにお帰り。
私は結果発表のあの雰囲気が好きなので、
そのまま居残って結果を聞きました。
やっぱりこれがあってこそのコンクールですよね。

結果発表後、私も駅に向かいました。
2月に下調べをしてあるので道はばっちりです(笑)
途中、近所の吹奏楽部が演奏をしていました。
私が通りかかったときは「ブロックM」だったと思います。

地下鉄からJRに乗り換えて、名古屋へ。
金山で指定席をとってあったのですが、
着いたら一本はやい新幹線が品川に止まるということで、
窓口まで走って指定席の変更をしていただきました。
なんだか走ってばっかりですね。
なんとか無事に変更をしてもらい、
夕食のひつまぶしを買って車内へ。
ひつまぶしを食べつつ余韻に浸っていたのでした。

ハードな二日間もこれでおしまい。
関係者のみさなま、本当にお疲れ様でした。

|

« 全日本吹奏楽コンクール・高校の部(旅情編・一日目) | トップページ | 東京佼成ウィンドオーケストラ第86回定期演奏会 »

作曲集団「風の会」」カテゴリの記事

吹奏楽」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール」カテゴリの記事

吹奏楽コンクール課題曲」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事