« 秋の平安京 | トップページ | 全日本吹奏楽コンクール全国大会(中学・高校) »

2005/09/29

寺田由美マリンバ&パーカッションリサイタル

鈴嬢にお誘いいただいて行って来ました。
鈴嬢ありがとう!(チケットも)
高橋宏樹さま、感想リクエストありがとうございました。

ホールは駅からほど近いホール。
到着した時点でチケットはすでに売り切れでした。
人気と注目度の高さを伺わせますね。
客層は、女性がかなり多め。
小学生から年配まで幅広い年齢のの方が来られていました。

一部は、マリンバ二台での演奏。

2台のマリンバのための喜遊曲は、
クラシカルな雰囲気のアンサンブルには新鮮な、
なじみやすいメロディーの曲でした。
劇伴音楽を数多く作られている作曲家さんとのことなので、
かなりそれっぽい雰囲気ですね。
新鮮です。

タンブラン・パラフレーズ~2台のマリンバのための~は、
以前から気になっていた女性作曲家の作品。
ちょっとした遊びを加えた、女性らしいかわいらしい作品です。
かわいらしいのですが、かなり技術を要求される作品でもありますね。

さてさて、この三作品、
後になるほどマリンバの使用音域が広がります。
低音が広がっていくのですね。
実際に見てみると音域の広がり方がおもしろかったです。

二部は、人気作曲家による新作の演奏。
由美先生(と呼んでしまいます)は司会も演奏もこなされていて大活躍です。
二部の新作のコンセプトというのは
要約すると「現場で使えるアンコン向きの曲」。
大型打楽器使うのって、本当に大変なんですよ・・・
と母体をもたない一般団体出身の私としては
非常に身につまされるお話でもあります。

そんなことはともかく、いろいろと作曲秘話なども披露され、
和やかに二部は進んでいきました。

感想ですが、
大人から子供まで楽しめる、という観点からは高橋氏の曲が、
現場に即した楽器編成という観点からは八木澤氏の曲がよかったと思います。
高橋氏の曲は、ご自身の音の質感がよく生かされた曲でしたね。
私としては非常に嬉しかったです。
あと、やっぱり福島氏のグロッケンがいいですね。好きです。

アンサンブルの演奏会は初めてだったのですが、
新鮮でなかなかおもしろかったです。
広いホールで響きを楽しむのもよいですが、
こんな風に舞台を身近に感じるのもよいですね。

ちなににアンコールはソロで「七つの子」。
(「夕焼けこやけ」が正しいです。すみません)
先生は最初から最後まで大活躍でした。

------------------------------------------------------
■プログラム■
【第1部】
寺田由美と天明さおりによるマリンバデュオの愉しみ

<演奏:寺田由美&天明さおり>

◎2台のマリンバのためのコントラスツ(林 光)
◎2台のマリンバのための喜遊曲(横山 菁児)
◎タンブラン・パラフレーズ~2台のマリンバのための~(安倍 圭子)

【第2部】
吹奏楽界で活躍する若手作曲家による新レパートリー

<演奏:寺田由美パーカッション・アンサンブル「ドライヴ」>
(メンバー:寺田由美・天明さおり・三浦肇・東佳樹・土屋吉弘)

<委嘱作品の作曲家>
石毛 理佳・・Fireworks(花火)

神長 一康・・アリオーソⅤ

高橋 宏樹・・4人のパーカッショニストのための「ノームの森の物語」

福島 弘和・・雨の音楽会~5人の打楽器奏者のための~

八木澤 教司・・バッカナール(Bacchanale)
------------------------------------------------------

|

« 秋の平安京 | トップページ | 全日本吹奏楽コンクール全国大会(中学・高校) »

吹奏楽」カテゴリの記事

演奏会感想」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事